点滅レンズで動体視力やスポーツビジョンを鍛え、加齢による衰えの回復・維持にも使える世界初のトレーニングメガネ「ビジョナップ Visionup」(シャッターゴーグル)の専門店「プライマリーショップ」

 

動体視力は生まれつきなの?

《動体視力とはなにか》

動体視力は動いているものを瞬間に見る力です。
例えばボクシング等では相手のパンチを回避したり、野球では動いている球を打ったり、
スポーツだけではなく日常の色々な場面で必要な力です。
先天的に優れている人も居ますが、これは脳の力で、繰り返し鍛える事によって、
動体視力は向上する可能性があります。
生まれつきのセンスと諦めるのではなく、動いているものを見る経験が非常に重要であり、
特に小さい頃に鍛えてあげる事が望ましい能力です。
視力トレーニングとは違っていて、目の眼球運動はトレーニングが出来るものですし、
目を発達させる為には12歳辺りまでが重要な時期であり、
運動神経回路等でもこの時期までに鍛え無いと脳内に回路が構築出来ないものもあります。
大人になってからも鍛える事が出来る部分もありますが、
子供時代にしか構築出来ない回路もあるので、適した年齢で向上させる事が重要です。
子供の動体視力を鍛える時に有効な方法として、
遠くを見つめて様々な目の動きをとることなどが必要です。

《動体視力を鍛える方法とは》

動体的な視力は生まれつきの能力だけではなく、後天的に鍛える事も出来るものです。
子供の時に最も発達しやすくもあり、
子供の時でないと構築出来ない脳の回路もありますから、
12歳までの時期に遠くを見て目を動かす事が重要であり、
日常の遊びは非常に有効であり、かくれんぼをしたり、球技で遊んだり、
虫を採ったりと、体を動かす事と目で見て動きを判断する遊びが自然と向上させます。
生まれつきセンスがあっても使わない部分は向上しないですし、
適齢期に適切なトレーニングを行う事が重要なものです。
動体視力は10歳辺りまでに急激に発達して、20歳辺りがピークと言われており、
神経の発達等に直結しているものですから、
外で遊ぶ事が好きだった子は自然と鍛えられている可能性も高く、
家の中でゲームをしたりじっとして体を動かしたり、
自然の中で動いているものを見る機会が無かった人は、
大人になってからもこうした能力が発達しておらず、
体を鍛える事が出来てもスポーツが苦手という方は多いです。

あれ?スランプかな?と思ったら、動体視力を鍛えてみよう

《スランプに陥ったら動体視力に着目を》

運動を好む子どもにとって、
どうしたら成績が向上するかということはメインテーマの一つです。
思春期を迎えるに当たって伸び悩みに陥り、
「スランプだ」と感じることも少なくはないでしょう。
そのようなときには闇雲に身体を鍛えるのではなく、
動体視力に焦点を当ててみることがお勧めです。

《動体視力を伸ばしてスランプから脱出できるわけ》

動体視力がなぜスポーツのパフォーマンス性を向上させるかということには、
様々な理由が存在していますが、
その最たるものとして広く認知されているのが、俊敏性や反射能力の向上です。
脳は目で見た映像から周囲の状況を割り出し、
それを筋肉に伝えるというはたらきを行っていますので、
物体の動きを瞬間的に捉える能力を伸ばせば、
比例的に身体の動きをなめらかにする効果を得ることができるのです。
動体視力は目のまわりにある筋肉を刺激することで育てることができますから、
積極的に取り入れてスランプ脱却を目指しましょう。

《幼少期は動体視力を中心に運動に対する素地を身につける》

まだ幼いうちからスポーツを開始する場合には、
5歳から10歳程度までの年齢に動体視力トレーニングを開始することがお勧めです。
一般的に、動体視力は幼少期に大きく成長すると言われているためです。
この年齢の間には視神経や末梢神経、脳のはたらきが活発になるために、
適切なトレーニングを行っておくことが後の動体視力のための助けとなるのです。
幼少期は運動に対するベースを身につけるには適した年齢と言えますから、
ボール遊びや外遊びを通して動体視力を鍛えるとともに、
様々なスポーツの基本的な動きを習得して行きましょう。
思春期を迎えるころになると、心肺機能などが活性化し育って行きます。
筋肉を育てるには最適の時期と言えますから、
嗜好や身体のタイプから判断して個性にあったスポーツを行うようにして行きましょう。
子どもの成長に合わせて段階的なトレーニングを行うことで、
スランプ知らずの強い身体を作ることができます。

動体視力はゲームで鍛えられるのか

《動体視力にはトレーニングが欠かせない》

スポーツに大きなかかわりを持つ「動体視力」は、
集中力や判断力の向上にもつながるため日常生活においても役立てることが可能です。
しかし動体視力は10代後半から20代前半をピークとして、
ゆっくりと低下していってしまうため、
維持向上のためには動体視力トレーニングを行うことが必要であるとされています。

《動体視力トレーニングの必要性》

動体視力は、眼球の周囲にある筋肉によって培われています。
そのため、適切な訓練を行わない期間が長くなるにつれて筋肉のはたらきが弱くなり、
結果的に動体視力の低下を招いてしまうのです。
通常、視力と言ってイメージされることの多い静止視力とは異なり、
眼球のはたらきをスムーズにすることで比較的容易に回復させることが可能ですから、
積極的にトレーニングを行うことが推奨されます。

《動体視力はゲームで鍛えることができるか》

ゲームで動体視力を鍛えることは可能です。
近年、家庭用携帯ゲーム機やスマートフォン、パソコンなどの普及を受けて、
動体視力トレーニングができるゲームが数多く登場するようになりました。
これにより、いつでもどこでも空いた時間で気軽に取り組むことが可能となりましたので、
動体視力トレーニングを行うためのきっかけづくりとしては、
最適な存在ともなり得るでしょう。
まずは眼球の運動を定期的に実践するクセをしっかりとつけることが大切です。

《より高度な動体視力トレーニングも行いましょう》

ゲームによって動体視力トレーニングへの意欲が湧いたところで、
さらに高度な訓練を行うことがお勧めです。
道路上を走行する車のナンバーを視覚によって記憶する、
電車に乗りながら看板の文字を読み取る練習をする、
などといったトレーニング方法を実践することで、
格段に動体視力の能力値が増すことでしょう。
動く物体に対するイメージを構築して行くことも有効です。
動体視力は、毎日使われる目の動きを意識的に変えることで養われて行きます。
ゲームをはじめ、興味のある練習方法をどんどん取り入れて、効果的に鍛えましょう。

動体視力と仕事の関係性

《静止視力と動体視力》

視力には2種類のものが存在しています。
一つは運転免許証などの取得や学校の視力検査で判断される「静止視力」。
ピントを合わせる対象物も自分の目も止まった状態でものを見るときに使います。
もう一つは「動体視力」です。
常に動く対象物に焦点を合わせ、どのような動きをしているか識別するときに使われます。
主にスポーツを行う人に役立つと言われる動体視力ですが、
これを鍛えるトレーニングを行うことで、仕事の効率を上昇させることも可能です。

《動体視力を仕事に活用しましょう!》

動体視力トレーニングが仕事に役立つ理由の大きな根拠となるのが、集中力の向上です。
眼球の動きをスムーズにコントロールする訓練を積む事によって、
瞬間的に物体のディテールを捉える能力が向上し、
脳の活性化へとつなげることができるのです。
物体の動きを多角的に捉えることが可能になるため、
頭を柔軟にしたい人にも打ってつけの効果を見出せるでしょう。
人間の身体は目から取り入れた情報をもとにして活動を行っていますので、
視野のはたらきを活発化させることで、
能力値を飛躍的にアップすることが可能になるのです。

《動体視力が役立つ仕事の種類》

スポーツ関連の仕事に就いている人はもちろん、
発想力を必要とするコンサルタントや営業マン、
情報処理能力を必要とするIT企業従事者など、
動体視力が役立つ仕事の種類は多岐に及びます。
動体視力の向上によって判断力や反射能力もアップしますから、
運転をする機会が多い仕事の人にも役立つでしょう。

《動体視力トレーニングを実践しましょう》

動体視力トレーニングは、日常生活に手軽に取り入れることが可能です。
走る車や電車の中から看板を読み取る練習をする、眼球の回転運動を行うなどして、
目をスムーズに動かせるようになるようトレーニングして行きましょう。
動体視力は年齢を重ねるとともにゆっくりと低下してしまいますから、
日ごろから眼筋を鍛える運動を行うことが大切です。
有意義な仕事のある生活を送るために、目のはたらきを最大限活用しましょう。

動体視力って何だろう?〜動体視力を深く知ろう〜

《スポーツや日常生活に役立つ動体視力のはたらき》

常に動いているものを目で捉えるための能力として知られる「動体視力」は、
スポーツを行っている人には、
既におなじみの言葉と言っても差し支えないほど浸透している存在です。
トップアスリートは常に動体視力を維持向上することに努めていると言いますから、
運動において、その重要性は非常に高いものであることがうかがえます。
集中力の向上や認知判断能力にも大きなかかわりがあると考えられているため、
日常生活においても役立つ目のはたらきと捉えることができるでしょう。

《動体視力のメカニズム》

動体視力は、眼球の動きを支える6つの筋肉を、
どれだけスムーズに動かせるかで決まります。
通常の止まっているものを識別するための視力とは異なり、
常に動いているものを目で追いかける必要性がありますので、
目のまわりの筋肉が衰えてしまうと同時に動体視力のはたらきが弱まってしまうのです。
屈折の問題などで静止視力が落ちたということならば、
レーシックやメガネなどで矯正することが可能ですが、
動体視力は筋力を回復させない限り向上することはありません。

《動体視力には2つの種類がある》

動体視力の種類は、実は1つではありません。
大きく分類すると下記の2つのパターンに分けることが可能です。
一つは、真っ直ぐ自分に向かって進んでくるものを見る「KVA動体視力」。
野球などでピッチャーが放った球を見定めるときに使う視力である、
とイメージすると分かりやすいでしょう。
車の運転中に標識を確認するときなどにも有効に活用することができます。
もう一つは、左右に動くものを見る「DVA動体視力」。
周辺視野を利用して、自分の周囲で何が起こっているかを確認することに役立ちます。
サッカーなど広いフィールドで行うスポーツでは、
ほかのプレイヤーの動きも重要なポイントを占めますから、
特にDVA動体視力のはたらきが強く求められるでしょう。
この2つの動体視力は、バランスよく同時に鍛えることが大切です。
眼球を滑らかに動かす練習などを定期的に行って、スポーツや日常生活に活かしましょう。

動体視力を鍛えて楽しい老後生活

《動体視力は年齢によって低下します》

動いている物体を見るために欠かせない目の能力である「動体視力」は、
加齢とともに少しずつ低下することで知られています。
動体視力は通常の視力である「静止視力」とは異なり、
10代後半から20歳代前半にピークを迎えますので、
特に老後に差し掛かるころになると落ち込みが顕著に見られるようになるのです。

《動体視力が加齢で低下するのはなぜ?》

動体視力は、眼球の周囲を取り囲むように張り巡らされた、
6つの筋肉によって支えられています。
この筋肉がどれだけ滑らかに動かせるかによって、動体視力の正確性が左右されるのです。
ゆえに筋肉が低下する老後に動体視力が低下するというのは、
ごく自然な現象の一つであると言うことができるでしょう。
しかし、日ごろから適正なトレーニングを行うことによって、
眼筋のはたらきを取り戻すことが可能です。

《動体視力トレーニングのやり方とは》

動体視力を向上させるためのトレーニングとは、
眼球をスムーズに動かすためのトレーニングであると言い換えることができます。
遠くの景色を見てから近くのものに焦点を当ててみてください。
もし数十秒も経たないうちに疲れを感じてしまうなら、
眼筋のはたらきが弱くなっているサインと考えられます。
上記と同様の動きや、動き続ける点を目で追い続けるなどの練習を繰り返し行って、
老後の筋肉をカバーしましょう。
一日数分程度の取り組みから気軽に行うことが可能です。

《動体視力を鍛えることで老後に活かす》

動体視力が老後に及ぼすメリットには数多くのものが存在していますが、
特に判断力や反射能力の向上には注目したいところです。
近年は高齢でも車の運転を行う人が増えていますから、
急に飛び出してくる人などを避けるためにもこの能力は不可欠です。
目の前に見えるものだけでなく、
周辺視野を利用してまわりの状況も素早く認識することができるため、
事故などの危険回避をスムーズに行うことができるようになるでしょう。
また、バランス感覚が向上することから、
歩行時などの転倒を防止することにもつながります。
生き生きとした老後のために、
動体視力を培うことは大変有意義なことであると言えるでしょう。

動体視力を鍛えたほうが良い理由って?

《スポーツに興味のある人意外にも役立つ!動体視力を身につけよう》

トップアスリートがトレーニングを行っていることなどで話題となった、
「動体視力」ですが、特にスポーツを行っていない人でも、
動体視力を鍛えることには様々なメリットがあります。
そもそも視力には、静止視力と動体視力があります。
静止視力とは、止まっている物体に対してピントを合わせるための能力のこと。
動体視力はその逆で、動く物体を見るときに使われる目のはたらきです。
動体視力を大きく2つに分類すると、左右に動く物体を見るための「DVA動体視力」と、
真っ直ぐ自分に向かって進んでくる物体を見るための「KVA視力」に、
分けることができます。
これら2つをバランスよく鍛えることで、
日常生活に大きな利点を感じることができるようになるでしょう。

《動体視力を鍛えて、多くのメリットを体感!その1》

動体視力を育てることのメリットとして最も大きなものと言えるのが、
反射能力の向上です。
周辺視野なども広がりますので、
車や自転車を運転するときなどには特に有益性を感じることができるでしょう。
急に道路上に飛び出してきた人や動物に対する認知力がアップしますので、
危険回避能力に大きな差異を生み出すことにつながります。
適正な車間距離を保つための能力も動体視力に関係していると考えられていますので、
乗り物を運転するときには、動体視力は不可欠など存在であると言えるでしょう。

《動体視力を鍛えて、多くのメリットを体感!その2》

人間の身体の動きは、目から入ってくる情報によって支えられています。
そのため、網膜に映し出される映像の分析に時間がかかるほど、
動作が遅くなってしまう傾向があるのです。
動体視力を鍛えることで脳から筋肉に状況を伝える時間が短くなりますので、
キビキビとした動きやすい身体に導くことが可能となるでしょう。
毎日の生活に役立つ動体視力の向上を目指して、
簡単なトレーニングなどを行うことをお勧めします。

レーシック直後に動体視力もアップするの?

《話題の視力回復方法、レーシックとは》

近年、「レーシック」という手術で視力を回復させる方法が流行しています。
レーシックとは角膜屈曲矯正手術の一つの種類を指す言葉で、
角膜の一部を切開してレーザーを当てるという矯正方法です。
光の屈折する割合を変えることができるため、
乱視の改善なども可能にすることができる最新鋭の視力回復技術として、
注目を集めています。

《レーシックを受けたあとすぐに回復する視力の種類》

レーシックの効果は、早ければ術後2時間から翌日までの間には実感できると言いますが、
すべての視力に対して即効性が期待できるわけではありません。
視力には複数の種類が存在することを知っておきましょう。
代表的なものとして挙げられるのは、
止まっているものを見るときに使われる「静止視力」と、
動いているものを見るときに使われる「動体視力」です。
レーシック手術で向上させることができるのは、このうちの静止視力のみとなっています。
近視や遠視などの症状を改善に導くことができるため、
視力検査などの数値は格段に向上することが見込めるでしょう。
では、動体視力についてはどうでしょうか。

《動体視力はレーシックで回復するか》

レーシックそのものを行ったことで直後に動体視力がアップすることはありません。
動体視力は、目のまわりについている筋肉を鍛えることによってのみ向上するからです。
しかし、根本的に近視の人は近くのものを視界に捉えづらいという特性がありますから、
これを矯正することによって、
動体視力のはたらきを損なわずに実感できるというメリットは存在するでしょう。

《動体視力をアップさせるには》

動体視力を鍛えるためには、
動く点にずっと焦点を当て続けるなどのトレーニングが必要です。
一日わずか数分程度の簡単な方法で能力アップにつなげることができますから、
積極的に取り入れることをお勧めします。
静止視力と動体視力をバランスよく向上させることで、
日常生活がグッと楽しく変化するでしょう。

動体視力を鍛えると目が疲れにくくなる!?

《現代社会で起こりがちな目の疲れ》

スマートフォンの操作やデスクワークなどによって起こる健康への影響の一つに、
眼精疲労が存在します。
近くに合わせていた焦点を急に遠くの物体に合わせようとしたときなどに、
目がかすんだり視界が狭くなったように感じる症状を経験した人も多いでしょう。
目の疲れは放置してしまうとつらい肩こりなども招くおそれがあるため、
できる限り早期に解決する方法を探すことが必要です。

《目の疲れを予防する》

眼精疲労を効果的に予防するためには、
眼球のまわりに存在する筋肉を鍛える動体視力トレーニングを行うことが有効です。
動体視力とは、移動している物体に焦点を当て続けるために必要な能力のこと。
一見、目の疲れとは無縁のように感じられますが、
眼精疲労の大きな原因は近くばかりを見続けることで、
筋肉がこり固まってしまうことにありますので、
適度な運動をもってこわばりをほぐすことは、非常に有効にはたらくと考えられます。

《年齢とともに衰える動体視力》

動体視力は10歳程度までの年齢には大きな成長を遂げますが、
20歳ごろをピークとしてその後徐々に低下して行きます。
特に40代以降は動体視力の衰退が顕著になるケースが多く存在しており、
それにつれて眼精疲労も起こりやすくなって行きます。
目のまわりの筋肉を維持することによって、疲れに負けない目の力を育てましょう。

《短時間でOK!動体視力トレーニングを実践しましょう》

動体視力トレーニングは、決して難しいものではありません。
動き続ける物体を見つめ続けたりすることだけでも、十分に効果を得ることが可能です。
はじめのうちは対象物にピントを当てることが大変に感じられる場合もありますが、
一日数分間から定期的な訓練を行うことで確実に動体視力の向上と、
目の疲れにくさを実感できるようになるでしょう。
疲れ目は、筋力を回復させることで克服できます。
スッキリとした視界のために、日常生活に動体視力トレーニングを取り入れましょう。

運転と動体視力の関係性

《運転するときに必要な能力》

車や自転車などの乗り物を運転する際には、
周囲の状況を確認しながら手足を動かすという大変複雑な動作を行っています。
その際に必要となるのが、「視力」と「反射神経」。
運転と視力の関係性を理解することにより、安全性を向上させることが可能です。

《反射神経とは何か》

運転中、急に視界に物体が入ったという経験は多くの人にあるでしょう。
そうした状況を瞬時に理解することで身体がハンドルやブレーキの操作を行い、
事故を避けることにつながるのです。このような身体の動きに直結するのが反射神経です。
反射神経が極端に低下しているような状況下で運転を行うと、
状況に合わせた乗り物の操作が困難になるでしょう。

《安全な運転のために必要な目のはたらき1》

人間の動作は、目から入る情報に支えられています。
網膜に映し出された映像をもとにして、脳が全身の筋肉に反応を起こすよう促すのです。
運転を行うに当たって必要とされる反射神経もまた、
このプロセスに従って動作していますので、
俊敏な判断力のためには視力のはたらきを重視する必要性があると言えるでしょう。
そのため、車の運転に限って言えば免許証の取得には両目で0.7、
片目で0.3以上の視力を有していなければならないという規定が存在しています。
しかし、運転に必要な目のはたらきは視力検査で判定される度数には限りません。

《安全な運転のために必要な目のはたらき2》

危険性を回避するためなどに必要な反射神経は、
視力の種類の一つである「動体視力」と厳密なつながりを持っています。
動体視力は動いている物体を見るために使われる能力ですから、
常に変化する道路上の状況を判断するためには、欠かせないものであると言えるのです。
動体視力を低下させてしまうと車間距離などを上手く測ることができなくなってしまう、
飛び出してきたものを認識しづらくなってしまうなどの問題を起こしやすくなるため、
事故などの危険性を招きやすくなってしまいます。
乗り物の速さが上がるほど動体視力の精度は落ちてしまいますから、
運転の際には加速しすぎないよう注意しなければなりません。
また、普段から動体視力を活発にするトレーニングを行うことなどで、
反射神経を向上させることが可能です。
一日数分からの取り組みで、動体視力のはたらきを維持しましょう。

運動神経と視力はどう関係するの?

《視力と運動神経の関係性》

日ごろからスポーツを好むなど人などにとって、
視力の低下が運動神経に影響するかどうかということは大きな悩みの一つとなるようです。
確かに、視力の良さが成績を向上させるというケースも存在しますが、
単に目の度数の良し悪しですべてが決定してしまうわけではありません。

《視力の種類は一つではない》

「視力」と一言に言ったときにイメージされるものと言えば、
Cのマークになじみの深い視力検査表ではないでしょうか。
目の機能を数値化されるために用いられる視力検査は、
学校などでも幅広く活用されていますので、
誰もが一度は見たことがある存在と言えるでしょう。
しかし、これはいわゆる静止視力という、
止まっている物体に対する目のはたらきを測るためのもので、
視力のすべてを包括するものではありません。
視力検査の値が低下したとしても、運動神経に直結して考えてしまうのは早計です。

《運動神経に影響する視力とは何か》

運動神経を維持、または向上させたいと考えるときに必要であるのは「動体視力」です。
動体視力とは動いている物体に焦点をあわせるときに使われる能力のことで、
特にスポーツにおいては、重要視される目のはたらきです。
人間は周囲の情報のおおよそ80%を目から取り入れていると言われており、
それをもとにして筋肉を動かしています。
その情報を掴む力が速くなれば、
必然的に状況にあわせて素早く身体を動かすことができるようになるでしょう。
ですから運動神経に直接的なかかわりを持つ視力とは、
この動体視力であるということが可能になるのです。
もし動体視力のはたらきが低下すれば、
周りがどのような動きをしているかが分かりにくくなってしまうため、
パフォーマンス性を大きく損なうことにもつながることが考えられるでしょう。
トップアスリートの多くは、普段から動体視力を鍛えています。
動く物体にピントを合わせるなど、
日常生活に積極的なトレーニングを取り入れることを推奨します。

反射神経と動体視力の違いと活かし方

《反射神経と動体視力に違いはあるか》

主にスポーツなどを行う人に馴染みの深い言葉である、反射神経と動体視力。
混同されがちな両者ですが、明確にはどのような違いがあるのでしょうか。
特性を知り、日常生活への活かし方を理解することで、
グッと身近な存在に感じられるでしょう。

《反射神経とは何か》

急に飛び出してきたものを避けようとするなど、
とっさに身体が動いたという経験は誰にでもあるものでしょう。
この、目で見たことなどに対して起こる身体の反応を「反射神経」と呼んでいます。
網膜に映し出された映像が脳に伝わり、
そこから身体の反応としてアクションを起こすようにという伝令が行われるのです。
反射神経は日常生活のバランス感覚などに縁の深い機能ですから、
反射までの速度を上げることによって、
乗り物の運転などをするときや運動などに幅広く活かすことが可能になります。

《動体視力とは何か》

動体視力とは、動いているものを目で捉える能力のことを言います。
自分の身の回りで何が起こっているかということを瞬時に判断するためには、
この動体視力の存在は欠かせません。
動体視力のはたらきを伸ばすことによって物事に対する集中力も深まりますので、
心身のコンディションを整える目的においても効果的にはたらくことが期待できます。

《動体視力と反射神経のかかわり》

実は、反射神経は動体視力がなくては意味を成しません。
反射神経は目によって得た映像を元に活動を開始しますから、
まず、「見る」ということによって情報を獲得しなければ、
反射神経を動作させることはできないのです。
すべては動体視力からはじまっていると言っても過言ではないでしょう。
ですから反射神経の向上を狙うには、まず動体視力を鍛えることが大切です。
情報を掴む能力値が高くなればなるほど、
身体の動きは俊敏に整えられて行くことが期待できます。
日常生活における危険回避能力なども格段に向上するでしょう。
眼球のまわりにある筋肉を鍛える、動く映像に対するイメージトレーニングをするなど、
動体視力をアップさせるトレーニングを行いましょう。

日常生活に必要なのは視力?動体視力?

《視力って何?日常生活で使われる視力の種類》

「目が良い」と聞くと度数の値がまずイメージされることも多くありますが、
実は視力と一言に言っても、そのはたらきには様々なものがあります。
日常生活において目がどのような役割を持っているかを理解し、
そのはたらきを有効に利用しましょう。

《身近な目のはたらき1》

主に止まっているものを見る際に利用される目の力を、「静止視力」と言います。
静止視力には2つの種類があり、
物体までの距離感に応じて自然に使い分けることで日常生活に適応しています。
一つは、近くの情報を見るために使われる「近見視力」。
近見視力は主に目の位置から30cm程度まで、
自分の手が届く範囲内にあるものにピントを合わせるときに使われ、
本や新聞を読んだり、手元にあるものを確認するときには不可欠なはたらきを行います。
近見視力が低下すると近くにあるものが見えにくいと言うだけでなく、
眼精疲労を起こしやすくなり、集中力が切れやすくなる、
筋肉の緊張を招きやすくなるといった弊害が起こるようになります。
一方、遠くのものを見るときに使われる視力は「遠見視力」と呼ばれています。
遠見視力は5m程度、物体から遠ざかった状態でピントを合わせるときに働くので、
この能力が低下すると、離れた場所に書かれた文字が見えにくくなる、
などという問題が起こりがちになります。

《身近な目のはたらき2》

動いているものを捉えるためには、「動体視力」が使われます。
動体視力は特にスポーツを行う場合などに重宝する視力の一つですが、
日常生活においても重要な役割を担っています。
反射能力や判断能力などは、
動体視力のはたらきによって支えられていると言っても良いでしょう。
動体視力を育てることで、
物事に対する反応速度や集中力をアップさせることもできますので、
勉強などを有利に進めることも期待できると考えられます。
上下や左右に動く物体を目で追いかけるなどの訓練を行い、動体視力を育てましょう。

《日常生活で必要な視力とは》

日常生活においての目のはたらきは、どれも大切な要素となっています。
不必要な視力は、存在しないと言っても良いでしょう。
しかし、特に動体視力を伸ばすことには大きな意義があると言えるのです。
動体視力は、簡単なトレーニングを重ねることで格段に向上する可能性がありますので、
積極的に取り入れることを推奨します。

スポーツと目ってどういう関係があるの?

《スポーツと目には深いかかわりがある》

スポーツの中には、視力が良いことでアドバンテージを得られるものが存在しています。
特に野球やテニス、サッカーというような速い動きを目で追いかけるものや、
瞬発力が必要なものなどには、視力は多大な影響力を与えるでしょう。
しかしスポーツにおける「目の良さ」とは、
単に遠くまでものを見渡せる能力のことを指すのではありません。

《スポーツにかかわる様々な視力1》

スポーツを有利にする目の力の正体の一つは、「動体視力」です。
動体視力とは動いているものの形などを瞬間的に判断する能力のことで、
目で見た情報を素早く身体に伝えるためには欠かせないものです。
プロが放つテニスボールなど、
通常ではとても追いつくことのできない速さに人間が対応できるのは、
全身の筋肉が柔軟に育てられているということのほかにも、
この「目の力」が発達しているためであると考えることができるでしょう。
動体視力には、上下左右に動いているものに焦点を合わせる力を指す「DVA動体視力」と、
遠方から速いスピードで自分に向かってくるものを見る力を指す、
「KVA動体視力」があります。
この2つの動体視力は、どちらもスポーツを行う上で重要性の高いものですから、
トータル的に伸ばすことができるよう目のトレーニングを行うことが大切です。
眼球の周囲にある筋肉を意識して動かすなど、一日数分間からの取り組みを行いましょう。

《スポーツにかかわる様々な視力2》

スポーツで必要となる視力には、周辺視力と呼ばれるものも存在します。
人間の眼が物にピントを合わせる際には網膜の中央を使うことが通常ですが、
更に広範囲を視界に入れるために、
無意識的に網膜の中央より外側も利用して情報を捉えています。
この外側を見る能力が、周辺視力です。
周辺視力は自分の周囲がどのような動きをしているか、
フィールドにおいて自分はどの位置にいるかなどを知るために重要です。
スポーツにおいて様々な役割を担う目のはたらきを知り、有効に活用して行きましょう。

アスリートを目指すなら幼少期のトレーニングが鍵!

《夢のアスリートに向けて!トレーニングの勧め》

スポーツに興味のある子どもにとって、運動能力の向上は大きなテーマとなっています。
運動に対する資質をしっかりと伸ばすことで、
トップアスリートを目指すというケースもあるでしょう。
幼少期から身体機能を向上させるトレーニングを行って、夢の実現へと踏み出しましょう。

《アスリートに必要な運動能力のほとんどは幼少期に身につく》

運動能力は、筋肉の成長が顕著に見られる幼少期に、
大きな発展を遂げると考えられています。
4歳から小学校高学年程度までの年齢に、身体機能を整えておきましょう。
運動能力の中には、いくつか遺伝的な要素を含むものも存在していますが、
ほとんどは幼少期の運動経験が元となって後天的に構築されて行きますから、
両親が運動嫌いというケースでも大きな心配はありません。
将来に渡って運動を楽しむことができるように、様々なトレーニングを行いましょう。

《アスリートを目指す子どもにオススメのトレーニング1》

運動を効率的に行える身体づくりのためには、
全身を柔軟に維持しながら筋肉を育てる体幹トレーニングや、
ストレッチなどが推奨されます。
身体の重心などバランスの良い状態で運動することができるため、
パフォーマンス性を大きく向上させることが可能になるでしょう。

《アスリートを目指す子どもにオススメのトレーニング2》

筋肉を育てることと同様に、動体視力を育てることも大変重要です。
動体視力を伸ばすことで身の回りの状態を瞬時に捉えられるようになりますので、
特に瞬発力や集中力、判断力をフルに発揮しなくてはならないスポーツ全般に、
大きな影響をもたらすのです。
プロ野球選手などが早い球にもしっかりバットをヒットさせることができるのは、
動体視力が発達しているからであると言うことができるでしょう。
動体視力トレーニングは、5歳から10歳程度までの幼少期に開始すると効果的です。
動くものに対する焦点を瞬時に合わせることができるよう、
繰り返しトレーニングを行いましょう。
自然に目の動きを鍛えられるよう、
屋外での昆虫採集や鬼ごっこなどを取り入れることが有効です。

学力アップには動体視力トレーニング!?

《動体視力を育てて勉強に役立てる》

積極的に勉強に取り組んでいるのに、
イマイチ学力アップにつなげることができないという場合、
動体視力を鍛えることによって向上が見込める可能性があります。
積極的なトレーニングを開始して、勉強に対する効果を上げましょう。

《動体視力トレーニングが学力アップにむすびつく理由》

動体視力とは、動いているものを捉える力のことを指します。
一見、学力には何の因果性もないように感じられますが、
動体視力には集中力や判断力が身につくというメリットが存在しています。
これによって机に向かうことが苦痛にならなくなったり、
問題文を短時間のうちに理解することができるようになりますので、
十分、学力アップに役立てることが可能になるのです。

《動体視力の開発は幼少期に行うことがオススメです》

動体視力向上のためのトレーニングは、幼少期にはじめると効果が高いと言われています。
5歳から10歳までの間は、視覚機能のはたらきが特に大きな成長を遂げる期間ですから、
このときに適切なトレーニングを開始することで、
飛躍的な成果を望むことが可能になるのです。
動体視力を育てるには、目の周りの筋肉を鍛えることが大切です。
眼球をくるくると回転させる運動を取り入れるなどして、
眼筋トレーニングを行いましょう。
こういったトレーニングには、
勉強によって疲れた目をリラックスさせる効果もありますので、
毎日数分間でも積極的に取り入れることをお勧めします。

《勉強への取り組みにはやる気を失わないことが大切》

学力が思うように上がらないときは思わず子どもを叱ってしまいがちです。
しかし、子どもにとって自らを否定する言葉は、
「やる気」を失わせるきっかけになってしまいます。
やる気がしっかりと起こらなければ、
学校や塾でどんなに机に向かう時間を増やしたとしても、
学力として身につくことは少なくなってしまうでしょう。
やる気は、子どもの勉強を助ける最も大きな力となります。
動体視力トレーニングで集中力と判断力を身につけ、学力アップにつなげましょう。

幼少期に動体視力を鍛えるメリット

《動体視力を育てるためには幼少期からのトレーニングを》

動いているものを目で捉えるための能力である「動体視力」は、
幼少期からトレーニングすることで、格段に上昇すると言われています。
動体視力を育てることで得られるメリットも多く存在していますので、
ぜひ、積極的な向上を目指して行きましょう。

《動体視力を鍛えるメリットその1》

動体視力を鍛えることによる最大のメリットは、反射神経の向上にあるでしょう。
目で見た情報をすばやく判断し身体の動きにつなげることができますので、
特にスポーツにおいては抜群の優位性を生み出し、パフォーマンス性をUPさせます。
一瞬のうちに状況を判断しなくてはならない球技をはじめとする運動全般に、
強いアドバンテージを発生させることができるでしょう。

《動体視力を鍛えるメリットその2》

動体視力を鍛えることによって、情報処理能力や判断力を伸ばすことができます。
これによって物事に対する理解への対応スピードを上げることができますので、
勉強などに大いに役立てることが可能になるでしょう。
判断力の向上によって、自分で物事を決定する力も育てることができますので、
リーダーシップの資質を身につけたいという場合にも、効果的に働くことが考えられます。

《幼少期に動体視力トレーニングを開始するのはなぜか》

動体視力は、10歳程度の年ごろまでに大幅に成長すると考えられています。
ですから、動体視力を育てたいと考える場合には、
5歳ぐらいからの幼少期にトレーニングを開始することが望まれます。
20歳を迎えるころになると物の動きを捉える力はピークを迎え、
やがて徐々に下降して行きますので、
特に神経の働きが発達する幼少期に、
トレーニングを開始することは大切であると言えるのです。

《幼少期に行う動体視力トレーニング》

動体視力を育てるためのトレーニングは、特別難しいものではありません。
瞬間的に対象物をとらえられるようピントを合わせることが重要になりますので、
何度も動くものを繰り返し目で追いかける練習が必要です。
ご家庭でのトレーニングには、
ボール遊びなどの中で楽しみながら行えるようにすると効果的でしょう。

静止視力と動体視力の違いとは?

《動体視力と静止視力の違いについて》

動体視力とは、動いているものを視線にとらえておくという視力のことで、
わかりやすい例では、車の運転時や、野球などの球技に必要になる能力です。
動体視力は年齢を重ねていくと衰えてくることが知られており、
野球選手の多くが30代の半ばには引退してしまうのも、
多くは動体視力の能力が低下するためで、
投手の投げるボールに対応できなくなるのが理由とされています。
静止視力とは、対象物が静止している状態を見るもので、
健康な人の場合には年齢にはほとんど違いがなく、
能力を維持できると考えられています。
この静止視力は動体視力とは全く関わりのないものとされており、
どちらかの能力が高ければ良いというものではありません。
静止視力と違い、人間が動くものを見続ける能力というのは、
高齢になればなるほど衰えていくものなので、
運転免許を更新する場合には、75歳以上の高齢者に対して、
動くものを認識できるかどうかのテストが行われています。

《動体視力を上げる方法》

静止視力は特別な疾患がない場合には衰えることがないので、
高齢者になっても心配する必要はありませんが、
動体視力に関しては年齢を重ねると衰えることが知られているので、
様々な対処法が考えられています。
特にスポーツ界では野球やカーレーシングにおいては大切な要素の一つなので、
トップ選手たちは動体視力を向上させる訓練を必ずしています。
卓球の場合は素早いラリーの中で、
ピンポン球に集中をして動きを追っていると動体視力が鍛えられるので、
一流の選手たちの動体視力は非常に優秀です。
野球選手の場合は卓球ほど訓練ができないので、
特別なマシンなどを使って素早く動くボールを見る力を鍛えている選手もいます。
一般の人の場合は、電車が通過するときに窓の内側に集中するようにすると、
中にいる乗客が止まっているように見えます。
これを毎日何度も繰り返すことで、動体視力を鍛えることができます。
また素早く動く物体を目で追うだけでも鍛えられるので、
工夫次第で様々な訓練をすることが可能です。