点滅レンズで動体視力やスポーツビジョンを鍛え、加齢による衰えの回復・維持にも使える世界初のトレーニングメガネ「ビジョナップ Visionup」(シャッターゴーグル)の専門店「プライマリーショップ」

サイトリニューアルのお知らせ

ご訪問いただき誠にありがとうございます。この度サイトをリニューアルいたしました。
5秒後に新しいサイトへジャンプします。

 

「ブンデスリーガ」マガト監督(ドイツのサッカー)も『プライマリー』を導入



ドイツ BILD紙スポーツ欄 ブンデスリーガ(独占記事)39 | 2011

「マガト監督が視力トレーニングを導入」

チームを強化するために、ヴォルフスブルク・スポーツクラブは、眼の専門家を招聘した。
これは極めて先進的な試みで、今までこのような試みを採り入れたチームは、ブンデスリーガにはない。

視力検査機器と特殊なメガネ、さらにノートパソコンに書類の束...
ヴォルフスブルクのイレブンが、クラブハウスに持ち込まれたこれらの7つ道具を見た時、さぞかし不吉な思いにとらわれたことだろう。「またうちのフェリックス・マガト監督は、こんなものを使って何をするつもりなんだよ?」マガト監督はすでに医療用の大きなボールを使ったトレーニングや丘を駆け上るトレーニングなどを採り入れて、選手達を驚かせてきた。

ドイツブンデスリーガ記事しかし、それにしてもこれは何だ? 
小誌が得た情報によると、ヴォルフスブルクは眼の専門家をトレーナーとして採用したと言うことだ。つまり、クラブに所属するプロ選手は皆、視力のトレーニングを受けなければならないと言うことだ。

9月初旬から、マガト監督は眼科光学の工学士であるシュテファン・ベルナー氏を眼のトレーナーとして採用している。これは、ブンデスリーガでは初めての試みである。「このたいへん新しいトレーニング方法を採り入れたことの目的は、これによって選手が全体的な状況をより正確に把握できるようにし、より迅速に反応できるようにするためです。アメリカではこのような視力トレーニングはNBAやNHLですでに何年も前から採り入れられていて、実績も上げているのですよ。このような視力専門のトレーナーを採り入れることは、やがてドイツでもスタンダードになるだろうと私は見ています」とマガト監督は言う。

これによって、選手達が実際に何をすることになるかと言えば、まずクラブハウスの選手ラウンジで、視力および左右のバランスなどを測定する。この土曜日のレーヴァークーゼンへの遠征を前にして、チームの第2番目のグループがこの検査を受けた。「検査が終わったら、各選手のカルテを作成し、さらに各選手の状態に応じた特別なトレーニング計画を立案します」とベルナー氏が説明してくれた。選手達は1日当たり10分〜15分の視力トレーニングを行う。そして、自宅でもトレーニングを行うことになっており、10月からはベルナー氏がその成果を毎週確認するのだということだ。

自宅での視力訓練は、いったいどのように行うのだろうか? そのためには、選手はいわゆるシャッターグラス(※動体視力トレーニングめがね『プライマリー』)と呼ばれるメガネをかける。このメガネは、レンズ部分の液晶がON/OFFを繰り返し、見える/見えないを繰り返すというものだ。グラウンドでもこのメガネをかけて、選手達はパスを送ったり受け取ったりするのである。「この訓練によって、反応と処理のスピードが上がります」とベルナー氏は言う。もうひとつのエクササイズは、天井から吊されたテニスボールの1点を追って見つめるというものだが、これが難しいのは、ぐらぐらと揺れる板の上に乗ってバランスを取りながらこれを行わなければならないと言う点だ。「これは、高く蹴り上げられたボールの放物線を的確に予測するのに役立ちます」とベルナー氏は言う。

今後はさらに、週に1度ベルナー氏が指導する60分間のエクササイズを行うことにもなっているという。「選手が自分の視力を向上させ、それによって目的とする動作の質的向上を継続させるためには、6種類のエクササイズを持つ訓練を20時間行う必要があります」と彼は言う。彼は2年間このテーマと取り組み、その実績をひっさげてヴォルフスブルクに採用されたのだ。

マガト監督には、もう何年も軍隊式トレーニングを科す監督というイメージがつきまとっているが、他のトレーニング方法に対しても常にオープンであった。「わたしはいつも、他のスポーツ種目でのトレーニング・コンセプトを付け加えることを考えてきたし、それを自分の指揮するチームで生かそうとしてきました。大切なのは、それを導入するタイミングなのです」とマガト監督は言う。

マガト:「わたしはいつも新しいトレーニング・コンセプトについて考えてきた」

例えば彼は、カイザースラウテルンに対し、ホームで1:0での勝利を収める前には、やり投げの世界チャンピオンであるマティアス・デ・ツォルドによるトレーニングを1時間行わせている。これによって彼は選手達を、6試合で6点しか取れない、常にスタートの遅れる状態から脱出しようと試みた。これに成功して、彼は今、視力トレーニングを採り入れている。その目標はユーロカップへの出場資格を得ることである。

(写真上)

視力を向上させるために! シャッターグラス『プライマリー』をかける、ドイツ・ブンデスリーガ、ヴォルフスブルク所属のパトリック・オックス選手。これを使って、特別な視力訓練のためのエクササイズをこなす。

(写真下)
眼の専門家、シュテファン・ベルナー氏


ナイキ(NIKE)社製の類似品?と『プライマリー』との比較

ナイキNIKE類似品

動体視力トレーニングメガネ『プライマリー』は、世界初の液晶式ストロボめがねですが、後発の似たような製品として、有名スポーツ用品メーカー、ナイキ(NIKE)社が販売しているSPARQ VAPORT STROBE Sport Training Eyewear があります。

競合商品との比較をして自社製品をアピールするつもりはありませんが、ふたつの製品の比較や違いを教えて欲しいというご依頼が多いので、ご紹介したいと思います。

と言っても、日本ではまだ販売されていない?ようです。
限られた情報での比較ではありますが、以下、客観的な比較をしてみました。


比較項目        プライマリー        ナイキ(NIKE)社製

液晶点滅回数     1〜150Hz        不明(8レベルの調整可能)
調整単位        1Hz毎           レベル毎
Duty比(遮断率)    調整可能(30〜99%) 調整不可
調整単位        1%毎            −
両眼/左右切り替え  可能            可能
リモコン          有り            なし
一時停止機能      有り            なし
メモリー機能       有り(5パターン)    なし
電源            内臓バッテリー     内臓バッテリー
充電方式         共に家庭AC電源/USBコネクター


ご覧のように、ナイキ製は、1秒間に最高で8回しか点滅しません。それでは、ほとんどの用途でストロボ効果は得られない上に、遮断率(Duty Ratio)を設定できないので、見え方の調整もできません。

ナイキ(NIKE)社の製品のアメリカでの販売価格はUS$295.00(x 78円/ドル = 日本円で約23,000円)。
日本から注文すると、運賃などが別途かかるようです。輸入税もかかるかもしれませんね。

プライマリーの価格は、送料込みで39,000円。

性能を取るか? 価格を取るか? もちろん効果しだいではありますが...

ちなみに、実際に両方の製品を購入した海外のユーザーからは、

"No comparison!" (比較の対象にもなりません!)
"Just like a toy!" (まるでおもちゃだよ)

という辛めのコメントが届いております。(苦笑)

今回、英文の取扱説明書を入手しましたので、ご参考までにご紹介いたします。
興味のある方はご覧下さい。

ナイキ(NIKE)社のSPARQ VAPORT STROBE Eyewear の取説 ←こちらをクリック

読売ジャイアンツが巨人カラーのシャッターゴーグル?

動体視力トレーニングメガネ『プライマリー』ジャイアンツ・オレンジ
2012年3月18日のスポーツ報知に次のような記事が掲載されました。

スポーツ報知ジャイアンツ日記

[ジャイアンツ日記]中井
 G球場のバント練習中、中井が巨人カラーのゴーグルを着用したが、様子がおかしい。
「ヤバイ、(マシン横に立つ)上田コーチの眼鏡しか見えない」とバットに当てることすらひと苦労。

実は「シャッターゴーグル」という視界を遮る眼鏡で、動体視力を鍛えることができる優れ物。

ゴーグルを外すと、百発百中でバント成功。
「下手になってなくてよかった」とホッとしていた。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

文中の「シャッターゴーグル」というのは、『プライマリー』のことです。

実は、読売ジャイアンツはかねてより動体視力のトレーニング用に『プライマリー』の導入を、実際に使用しながら検討してきました。
小さいながらも記事になったということは、正式採用が近いのかもしれません!?

では、"巨人カラー"とは???

もちろん、巨人=ジャイアンツ・オレンジと呼ばれるチームカラーのことですが、『プライマリー』の特別カラーとして、既に商品が準備されています。(数量は少ないですが、現在販売中です)

言葉で説明するだけでは、なかなか分かっていただけない『プライマリー』ですが、プロ野球チームの読売ジャイアンツが本格的にトレーニングに導入すれば、"少し"信頼度がアップするのではないかと期待しています。


対戦格闘ゲームに『プライマリー』は向かない?ようです

動体視力トレーニングめがね『プライマリー』を対戦格闘ゲームでの反応速度を高める目的で購入いただいたお客様から、返品希望のメールをいただきました。

『プライマリー』のストロボ効果は、周期的に移動、振動、回転する物体を認識する用途にはお使いいただけるのですが、ゲームでの隠された画像だけを認識するような使い方には向かないようです。

同様の使い方や目的で『プライマリー』をご検討いただいているようでしたらご注意下さい。

お客様からのメールを掲載しますので参考にして下さい。(ご本人の了承をいただいております。個人情報などは削除し、一部文面を変更しています。)

発送後30日以内でしたので、"全額返金保証"にもとづき、返品いただいた『プライマリー』を受領後、代金は全額返金させていただきました。

--------------------------------------------------------------------

<お客様からのメール>

プライマリーショップ 
田村様


先日プライマリーを購入させていただきました○○と申します。
このたび、残念ながら私の意図した用途に合わないことが分かりましたので返品させていただきたいと思います。

私が意図した用途は、対戦格闘ゲームでの反応速度向上です。ビデオゲームは、通常、秒間60コマの静止画を連続させることで動いているように見えるのですが、そのためかプライマリーによって秒間n回のブラインド状態を作ると、60の約数であれば支障はないのですが、そうでない数ですとコマの切り替えの走査線ばかりが見えてしまうことが問題でした。

また、60の約数に設定した場合(15or20or30/etc)、連続するアニメーションを見て、どういう状態になっているか判断するコマ(1〜3/60秒間だけ表示されるコマ)が丸ごと欠けて見えることになってしまい、意味を成さないということがわかりました。

本来はそういうコマに対する反応速度を高めたかったのですが、それが見えなくなるのが理由の2つ目です。

また、液晶画面を見ると液晶の干渉縞が見えてしまうことも意図しない欠点でした。

以上、僭越ながら返品理由を申し上げます。

返品はヤマト便にてお送り申し上げます。
返金は下記講座に振込み願います。(中略)

このような対応をしていただくことを申し訳なく思います。
よろしくお願いします。

---------------------------------------------------------------------

対戦格闘ゲームに『プライマリー』をご検討される方は、参考にしていただければ幸いです。

メタリック・ブラック入荷しました!一番人気の精悍な黒色です


メタリック・ブラック入荷しました!

これで、動体視力トレーニングメガネ『プライマリー』の全5色が揃いました。
 
メタリック・ブラック  2MJ-03SE-MB
ワイン・レッド  2MJ-03SE-WR
メタリック・グレー  2MJ-03SE-MG
ネッシー・ブルー  2MJ-03SE-NB 
ジャイアンツ・オレンジ  2MJ-03SE-GO

スポーツビジョンを鍛えるシーンでも、おしゃれ感覚は大切にしたいもの。
お好きな色の動体視力トレーニングメガネ『プライマリー』をお選びいただき、楽しみながら動体視力のトレーニングに励んで下さいね。

注文する

モニター特別価格販売キャンペーン


モニター特別価格販売キャンペーン
いよいよ9月5日(水)23:00まで


期間限定: 平成24年9月5日まで(ただし、無くなり次第終了)

数量限定: メタリック・ブラック 10台
        メタリック・グレー  10台

特別価格: 通常39,800円 ⇒
 
特別価格29,800円


・購入時と発送から3ヶ月後に簡単なアンケートにお答えいただく、モニター様向け特別価格での販売キャンペーンです

・お一人様、1台限りとさせていただきます

この商品のお支払い方法は、銀行振り込みのみとさせていただきます。
お買い物カゴにて、三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行、楽天銀行の中からお選び下さい

・期間中でも在庫がなくなりしだい、終了させていただきます

・色は、メタリック・ブラックとメタリック・グレーの2色のみです

・「新着商品」よりお選びいただき、購入手続きへお進み下さい

・30日間の返品OK、返金保証や1年間のメーカー製品保証など、各種サービスは通常の商品と同じものを適用させていただきます。

ご質問などございましたら、どうぞお気軽に「お問合せ」よりご連絡下さい。

よろしくお願い申し上げます。

サッカーJリーグの某西日本のチームが『プライマリー』を正式に導入!

まだチームの名前を公開することは出来ないのですが、西日本に本拠地を構えるサッカーJリーグの某チームが、平成24年10月に『プライマリー』を正式にトレーニングに導入することを決定しました!

どんなスポーツでも同じですが、『プライマリー』のようなトレーニング機器は、どうしても”秘密兵器”として扱われることがほとんどで、積極的に公開してもらえないのは、ちょっと頭の痛いところです。

トップページでご紹介しているリフティングのテスト結果のように、サッカー経験の長い選手でも、サッカーの基本的なスキルをアップできるのが、『プライマリー』の特徴であり、高く評価してもらえたようです。
それに加え、トラッピングなどのボールコントロールはもちろん、プレイ中に重要な、広い視野を持つための”周辺視”の能力を高めるトレーニングなどにも使われることでしょう。

それらは、『プライマリー』の視覚負荷トレーニングによるものですが、ストロボ効果を利用すれば;

・シュート練習での、インパクト(ボールを蹴る瞬間)を確認する

・ゴールキーパーが、シュートの回転や、軌道を見極める、

などの目的にも使ってもらえるはずです。

自分で確認することはもちろん、指導者が使って、的確なアドバイスをすることができるという点も『プライマリー』の大きなメリットですね。

これを機に、サッカーでも『プライマリー』が広まってくれるものと期待しています。

FAX・お電話でのご注文について


動体視力トレーニングメガネ『Visionup』は、FAXやお電話でもご注文いただけます。

FAX注文書

上の 「FAX注文書」 にカーソルを合わせてクリックすると、FAX注文書が開きます。

印刷して、必要事項を記入の上、FAX番号:075-708-8852へお送り下さい。

手書きの場合は、「FAX注文書」 を参考に、必要事項を記入してFAXして下さい。

お電話でのご注文も承っております。 同じく 「FAX注文書」
の記入事項を参考にお電話下さい。 TEL:075-708-6911

メールの場合は、E-Mail: info@primaryshop.jp  へ直接メールして下さい。


ご不明な点などございましたら、お気軽にお問合せ下さい。

『プライマリー』を使ったビジョントレーニングの輪が広がっています


ベースボールマガジン社が発行する隔月誌である学童&中学生のための軟式野球マガジン Hit&Run 9月号にて、『プライマリー』が紹介されました。


『プライマリー』の監修をいただいている石垣尚男教授の連載記事「眼力UPトレーニング」で、ボールを追跡する能力のトレーニングで高い効果を発揮するシャッターゴーグルとして紹介されています。


記事では、『プライマリー』を使った具体的なバッティングでのトレーニング方法が説明されています。
(詳しくは、こちらをご覧下さい。記事のPDFファイルが開きます。)


記事で取材に協力された名古屋市の野球教室 Count23 (カウント23)のブログも参考になると思います。


このように、スポーツクラブなどで『プライマリー』を使ったスポーツビジョンのトレーニングの輪が少しずつ広がってきました。



ゴルフ雑誌「ワッグル」6月号で動体視力トレーニングメガネ『プライマリー』が紹介されました


最近、当店プライマリーショップとしてメディアで取り上げていただく頻度が上がってきました。

今回は、ゴルフの月刊誌「ワッグル」(実業之日本社)です。

   



記事の内容は次のとおりです。


ヘッド軌道がコマ切れに見え、ミスの原因がわかる

一見、スポーツサングラスのようだが、じつはこれ、ちょっと変わった練習グッズ。
レンズに搭載した液晶が点滅し、連続運動しているものがゆっくり、あるいは
静止して見えるメガネなのだ。
かけてみると、まばたきを繰り返したように、断続的に視覚が遮断されるので、
かなりみえにくい。 しかし、わざと視覚に負荷をかけることで、ボールをよく
見ようとするので、ヘッドアップ防止に役立つというわけ。

また、クラブの種類やスイングスピードに応じて設定を変えると、ヘッド軌道が
コマ切れに見え、インパクトの瞬間、フェースがどのようにボールをとらえて
いるかが確認できるのだ。
ひとりで練習していると、なんでミスしたかがわからず、フラストレーションを
感じることも多いが、これならそんなモヤモヤも一気に解決できそう。
動体視力を鍛える効果もあるので、サッカーや野球のトレーニングに使われる
ことも多いという。 いつもの練習に加えてみると、きっと新しい発見があるはずだ。

_________________________________

移動する球を目標とする球技と違って、ゴルフの場合はインパクトの瞬間の
球は静止しているわけですから、これまでゴルフにおける動体視力のトレーニング
メガネ『プライマリー』の説明が今ひとつしっくりといかないところがあったのですが、
なーるほど、この文章ならゴフファーの皆さんも納得していただけるのでは?

ご担当いただいた竹内さん、そしてワッグルの皆さん、ありがとうございました!

なお、ゴルフのトレーニング・マニュアルが、トップページ左メニューにありますので、ぜひお読み下さい。

「プライマリーショップ」事務所の移転と法人化のお知らせ

「プライマリーショップ」店長の田村です。
このたび、プライマリーショップの運営会社「アプリシエイト企画」を法人化し、
「株式会社アプリシエイト」を設立致しました。
それに伴い、事務所を滋賀県大津市から京都市中京区へ移転しました。

電話番号とFAX番号が新しくなりましたのでご注意下さい。

新事務所は、京都の中心地、四条烏丸から北西へ徒歩9分、四条通りや烏丸通りの
賑やかさからは一転、静かな路地裏の住宅地にあります。

7月17日の山鉾巡業でクライマックスを迎えた祇園祭りの最中に事務所の引越しを
したこともあって、いろいろと準備が大変でしたが、やっと落ち着いて仕事の
できる環境になりました。

販売用の店舗ではありませんが、プライマリーの展示コーナーも設けましたので、
お近くにお住いの方はもちろん、観光やお仕事で京都にお越しのついでにぜひ
お立ち寄り下さい。



未だスタッフの数が少ないので、不在のことがあるかもしれません。
お立ち寄りいただける際は、事前にご連絡を下さると助かります。

今後は、サービス充実の一環として、事務所での講習会の開催や出張講習会の
開催を計画しています。

また、マスメディアへのアプローチに力を入れ、今年の12月には東京での展示会
”SPORTEC 2013”に出展し、より多くの人にプライマリーお使いいただける様に
活動の幅を広げて行きたいと思っています。

また、輸出総代理店としましては、古都京都から世界の国々へ、クールジャパンの
一角を担うつもりでプライマリーの輸出にも力を入れて参ります。

新事務所へは、JR京都駅から、地下鉄「宝ヶ池」行きに乗車して2駅め、
「四条烏丸」下車、阪急電鉄だと「烏丸」駅下車、ともに徒歩9分です。
ルートは、下の地図を参考にして下さいね。

どうぞお気軽にお立ち寄り下さい。
お待ちしております。