点滅レンズで動体視力やスポーツビジョンを鍛え、加齢による衰えの回復・維持にも使える世界初のトレーニングメガネ「ビジョナップ Visionup」(シャッターゴーグル)の専門店「プライマリーショップ」

サイトリニューアルのお知らせ

ご訪問いただき誠にありがとうございます。この度サイトをリニューアルいたしました。
5秒後に新しいサイトへジャンプします。

 

動体視力/スポーツビジョンとは?

目も見る対象物も静止している場合の視力を静止視力と呼びます。
私たちが一般的に”視力”と呼んでいる視覚能力のことです。

静止視力は、焦点(フォーカス)のことで、眼球内部を中心とする焦点システムに左右されるので、悪くなると、メガネやコンタクトレンズを使うか、最近ではレーシック手術を受けるなどして、いわゆる”矯正”する必要があります。

これに対して、眼球の動きに左右されるのが、動体視力などのスポーツビジョンです。
眼球の動きをつかさどるのは、左右の眼球それぞれに6本ずつある眼筋です。
筋肉なので、トレーニングで鍛えることができます。

その意味で、動体視力やスポーツビジョンと(静止)視力は全く別のものです。
視力が良くても動体視力やスポーツビジョンが良いとは限りません。

<スポーツビジョンの種類>

スポーツビジョンの種類は、一般的に次の7種類です。
静止視力、いわゆる視力も重要な機能ですから、スポーツ選手、
アスリートは、少なくても1.2前後の視力を確保することが重要です。

DVA動体視力横方向の動きを識別する能力
KVA動体視力前後方向の動きを識別する能力
コントラスト感度明暗の識別に鋭敏なこと
眼球運動眼球がすばやく正確に動くこと
深視力距離感が正確なこと
瞬間視瞬間的に多くの情報がつかめること
眼と手の協応動作眼で見たものに素早く反応できること

【動体視力】動いている物体を視線を外さずに持続して識別する能力を動体視力と呼び、上記の2種類があります。

車の運転に例えれば、遊んでいる子供のボールが路地の横から飛び出してくるのを素早く認識するのがDVA動体視力、右折する時に、反対車線を前方から走ってくる車の距離感をつかむのがKVA動体視力にあたります。

<動体視力/スポーツビジョンはトレーニングで向上する!>

スポーツに関する能力の多くは、動体視力/スポーツビジョンの視覚能力と密接な関係があると言われています。

仮に視覚能力を除く他の全ての能力が抜群であったとしても、視覚能力が
劣っていては良い選手になることはできないでしょう。
逆に、視覚能力が優れていれば、他の能力をかなり補うことが出来るかもしれません。

この視覚能力は、前述のとおり眼筋の働きによるので、トレーニングで回復、
維持、向上できる能力でもあります。
日本では、これまであまり一般的ではありませんでしたが、多くの国々では、
スポーツビジョン・トレーニング(スポーツの視覚訓練)として知られています。

<老化を防止する動体視力/スポーツビジョン>

動体視力/スポーツビジョンは年齢とともに低下します。

動体視力は19歳〜20歳でピークに達した後は徐々に衰えはじめ、
40代から衰え方が速くなり、60代から急激に衰えます。

そのため、70歳以上の運転者が運転免許を更新する場合に義務付けられる
高齢者講習では、運転適性検査の一つとして「動体視力検査」が実施されています。
これは高齢のドライバーが起こす事故が増えているためです。

最近の研究では、動体視力やスポーツビジョンの衰えが、老化の始まりとなり、
さらに老化を促進する要因だと言われています。

視覚能力が衰えると、周りの状況を瞬時に判断できなくなり、動きが遅くなったり、
スムーズに動けなくなります。 そのことが、老化を促進することにもなります。

低下した動体視力は、眼筋の衰えが原因であることがほとんどなので、
年齢にかかわらず、トレーニングで取り戻せます。

できれば、低下する前に、トレーニングで動体視力を維持できると良いですね。

スポーツと動体視力

人間は情報の約80%を目から取り入れ、その情報をもとに状況を判断して行動します。見る→判断→動作の順のプロセスで行動しているのです。

つまり、見ることから全てが始まります。
素早く正しく見ることができなければ、素早く正しく判断することもできません。

スポーツにおいては、さらに高いレベルで ”見ること”が要求されます。
相手の動き、味方の動き、球の動き、などに対応する必要があるからです。

しかし、スピードの速いものに対しては、0.5〜0.6秒の遅れが生じます。

”知覚の遅れ”といって、眼球⇒網膜⇒視神経⇒脳までの一連のプロセスが必要だからです。

人間が自分の足で出せる最高速度は30km/h、歩行速度では5km/h前後です。
人間の視覚は、その速度について行けるだけの能力しか持っていないのです。

さまざまな速度の移動対象に迅速に反応し、反射的に行動することが要求されるスポーツの世界では、
この ”知覚の遅れ”を如何に、どれだけ短縮させる
ことができるかが大きな課題のひとつ
です。

野球やテニス、サッカーなどのスポーツでは、ボールは
時に150km/h以上のスピードで飛んできます。
F1などモータースポーツにおいては300km/h以上の
スピードで競技します。
また、格闘技では、接近した相手から繰り出される技に
すばやく反応しなければなりません。

多くのスポーツにおいて、高速で移動する対象に迅速に
反応し、反射的に行動すること
が要求されます。


これまで “目のトレーニング”は、あまり一般的では
ありませんでしたが、多くのスポーツにおいて、本当は
必要なトレーニングであることをお分かりいただけると
思います。

動体視力/スポーツビジョンの視覚能力を高めれば、あなたの動作はもっとスピードアップするはずなのです。

集中力を高め、反射神経を良くする為に、動体視力を中心とした
”目のトレーニング”スポーツビジョントレーニングが求められています。

老化防止と動体視力

一般的に20歳前をピークに徐々に衰えだす動体視力やスポーツビジョンは、40代からどんどん低下します。

止まっているものを見る静止視力では眼球を動かす必要はないのに対し、動いているものを見る動体視力は、眼球を如何にスムーズに動かせるかどうかにかかっています。

人は、眼球の周りの6つの筋肉を操って眼球を動かします。
従って、年齢と共に筋力が落ちると、眼球を自在に動かせなくなって動体視力が低下するわけです。

動体視力は40代から急激に衰えます。

<こんなに怖い動体視力/スポーツビジョンの衰え>

人は、動体視力やスポーツビジョンが衰えると眼球の動きを補うため、重い頭を振ってものを見ようとします。

その結果、不意に重心が動き、バランスを崩し、転倒につながる...

日本全国で、お年寄りを中心に、年間7,000人以上が、転倒が原因で命を
落としている
ってご存知でしたか?

また、動体視力やスポーツビジョンが衰えると、
車や自転車を運転中に、信号や標識を見落としたり、
歩行者や対向車への対応が遅れたりして交通事故の危険性が高まります。

車輛の二種免許には深視力の検査がありますし、70歳以上の普通免許の
更新に動体視力の検査が導入されたのは、このためです。

加えて、眼球の動きが悪くなると、普段の生活で動くことじたいが億劫になり、
運動しなくなったり、動き回ることが少なくなって、さらに老化を進めてしまう...
という悪循環を生みます。

<トレーニングで取り戻せる動体視力/スポーツビジョン>

この衰えを防ぐために、普段から動くものを見つめる眼球の筋肉のトレーニングをするのが効果的です。

動体視力やスポーツビジョンは、年齢にかかわらずトレーニングで取り戻すことができるんです。

その理由はいたってシンプル。
近視、遠視、老眼などは、焦点を合わせるシステムに問題があるためで、
基本的にトレーニングで回復させることはできません。
一方で、動体視力やスポーツビジョンの衰えは、眼筋という筋肉の働きの問題なので、
トレーニングで回復させることができるというわけです。

日常の中にもトレーニングのチャンスはたくさんあります。
例えば、バスや電車に乗っている時に、窓の外を通り過ぎる看板の字を読むように努力するなど、
動くものを見るようにしましょう。 
特定の色の服を着た人を探す、看板などでその場所の地名を探す、
などの目標を定めて眼球を動かすと効果的です。

また、実際に運転をする時にも漠然とハンドルを握らず、左右前方から
来たものをしっかりと見るように心がけることがトレーニングにつながります。

とは言っても、普段の生活で、それも自分一人でトレーニングするのはたいへんです。
動体視力トレーニングメガネ 『Visionup』 を使えば、週に2回、5分間くらい、
簡単なボール遊びなどをするだけで効果的なトレーニングができてしまいますから、おすすめです。

動体視力/スポーツビジョンを鍛えて老化を抑制し、いつまでも若々しく、
健康長寿をめざしたいものですね。

見るチカラはトレーニングでアップできる?!



オランダ、フィールドホッケーVisionupを使った3ヶ月の視覚トレーニングのテスト

テスト参加チームと人数

1部リーグ所属チームHDM 8人の選手
1部リーグ所属チームMOP 6名の選手
1部リーグ所属チームMHC 6名の選手

視覚機能の測定

各チーム専属のオプトメトリスト(目のトレーニングの専門家)が
3ヶ月のトレーニングの前後に選手の視覚機能を測定

HDM Mr. Kees Verhey van Wijk (The Hague在住)
MOP Mr. van Warmerdam (Den Bosch在住)
MHC Miss Manon Goedemans(Oosterhout在住)

パフォーマンステストの実施

Mr. Segers(スポーツビジョン・トレーナー)が
3ヶ月のトレーニングの前後に8種類のフィールドテストを実施

視覚機能の測定

各チーム専属のオプトメトリスト(目のトレーニングの専門家)が
3ヶ月のトレーニングの前後に選手の視覚機能を測定

テスト後のオプトメトリストの所感

Mr. Kees Verhey van Wijk ・認知が速くなった
・反応速度(視認してから動き出すまでの時間)が向上した
Mr. van Warmerdam ・広角視野が拡大した。
・目と手の協応動作が向上した。
・反応速度(視認してから動き出すまでの時間)が向上した
Miss Manon Goedemans ・状況の把握が、より速く、より正確になった。
・反応速度(視認してから動き出すまでの時間)が向上した

テストの結果

チーム名 トレーニング頻度 視覚機能の向上率 パフォーマンスの向上率
HDM 週に1回 8.02% 8.32%
Warande 週に1.5回 14.06% 9.29%
MOP 週に1.5回 7.68% 11.09%
平均 9.92%アップ 9.57%アップ

スポーツ選手の見るチカラとパフォーマンスには相関関係があった?!

スポーツ選手の見るチカラとパフォーマンスには驚くべき相関関係があります。
40点満点の視覚能力テストのたった1点の差が成績や評価の明暗を分けます。
見るチカラを鍛えれば、違った結果を産む可能性が大きいと言えます。

日本の某プロ野球球団でのケース

新入団選手の「見るチカラ」(視覚能力)を測定

8年間で合計63名の選手を測定

検査項目

1)静止視力 止まっているものを見る静止視力
2)KVA 動体視力 まっすぐ近づいてくる目標を見る時の動体視力
3)DVA 動体視力 眼の前を横に移動する目標を見る時の動体視力
4)コントラスト感度 微妙な明暗のコントラストを識別する能力
5)眼球運動 静止した目標間に眼球を動かして正確に視線を移す能力
6)深視力 前後の距離の差を感じる能力
7)瞬間視 見えた物を一瞬のうちに入力する能力
8)眼と手の協応動作 眼で捉えた目標に手で反応するする能力

5段階評価×8項目=40点満点

入団後のチームでの最高位置を調査し、測定結果との関係を調査

測定時の点数 チームでの最高位置
36点以上 1軍スタメン選手
35点以上〜36点未満 1軍登録選手
34点以上〜35点未満 登録枠選手
33点以上〜34点未満 枠外選手

※入団後、視覚トレーニングは行なっていなかった。

下矢印

結論:プロ野球選手の視覚能力とパフォーマンスには、相関関係が認められる。

推論:目のトレーニングで視覚能力を向上できれば、パフォーマンスが上がり、チームでの位置も上がったと推測される。

出典:愛知工業大学、石垣尚男教授著 電子書籍「スポーツビジョンの鍛え方」より