点滅レンズで動体視力やスポーツビジョンを鍛え、加齢による衰えの回復・維持にも使える世界初のトレーニングメガネ「ビジョナップ Visionup」(シャッターゴーグル)の専門店「プライマリーショップ」

 

幼少期に動体視力を鍛えるメリット

《動体視力を育てるためには幼少期からのトレーニングを》

動いているものを目で捉えるための能力である「動体視力」は、
幼少期からトレーニングすることで、格段に上昇すると言われています。
動体視力を育てることで得られるメリットも多く存在していますので、
ぜひ、積極的な向上を目指して行きましょう。

《動体視力を鍛えるメリットその1》

動体視力を鍛えることによる最大のメリットは、反射神経の向上にあるでしょう。
目で見た情報をすばやく判断し身体の動きにつなげることができますので、
特にスポーツにおいては抜群の優位性を生み出し、パフォーマンス性をUPさせます。
一瞬のうちに状況を判断しなくてはならない球技をはじめとする運動全般に、
強いアドバンテージを発生させることができるでしょう。

《動体視力を鍛えるメリットその2》

動体視力を鍛えることによって、情報処理能力や判断力を伸ばすことができます。
これによって物事に対する理解への対応スピードを上げることができますので、
勉強などに大いに役立てることが可能になるでしょう。
判断力の向上によって、自分で物事を決定する力も育てることができますので、
リーダーシップの資質を身につけたいという場合にも、効果的に働くことが考えられます。

《幼少期に動体視力トレーニングを開始するのはなぜか》

動体視力は、10歳程度の年ごろまでに大幅に成長すると考えられています。
ですから、動体視力を育てたいと考える場合には、
5歳ぐらいからの幼少期にトレーニングを開始することが望まれます。
20歳を迎えるころになると物の動きを捉える力はピークを迎え、
やがて徐々に下降して行きますので、
特に神経の働きが発達する幼少期に、
トレーニングを開始することは大切であると言えるのです。

《幼少期に行う動体視力トレーニング》

動体視力を育てるためのトレーニングは、特別難しいものではありません。
瞬間的に対象物をとらえられるようピントを合わせることが重要になりますので、
何度も動くものを繰り返し目で追いかける練習が必要です。
ご家庭でのトレーニングには、
ボール遊びなどの中で楽しみながら行えるようにすると効果的でしょう。

コラム