点滅レンズで動体視力やスポーツビジョンを鍛え、加齢による衰えの回復・維持にも使える世界初のトレーニングメガネ「ビジョナップ Visionup」(シャッターゴーグル)の専門店「プライマリーショップ」

 

アスリートを目指すなら幼少期のトレーニングが鍵!

《夢のアスリートに向けて!トレーニングの勧め》

スポーツに興味のある子どもにとって、運動能力の向上は大きなテーマとなっています。
運動に対する資質をしっかりと伸ばすことで、
トップアスリートを目指すというケースもあるでしょう。
幼少期から身体機能を向上させるトレーニングを行って、夢の実現へと踏み出しましょう。

《アスリートに必要な運動能力のほとんどは幼少期に身につく》

運動能力は、筋肉の成長が顕著に見られる幼少期に、
大きな発展を遂げると考えられています。
4歳から小学校高学年程度までの年齢に、身体機能を整えておきましょう。
運動能力の中には、いくつか遺伝的な要素を含むものも存在していますが、
ほとんどは幼少期の運動経験が元となって後天的に構築されて行きますから、
両親が運動嫌いというケースでも大きな心配はありません。
将来に渡って運動を楽しむことができるように、様々なトレーニングを行いましょう。

《アスリートを目指す子どもにオススメのトレーニング1》

運動を効率的に行える身体づくりのためには、
全身を柔軟に維持しながら筋肉を育てる体幹トレーニングや、
ストレッチなどが推奨されます。
身体の重心などバランスの良い状態で運動することができるため、
パフォーマンス性を大きく向上させることが可能になるでしょう。

《アスリートを目指す子どもにオススメのトレーニング2》

筋肉を育てることと同様に、動体視力を育てることも大変重要です。
動体視力を伸ばすことで身の回りの状態を瞬時に捉えられるようになりますので、
特に瞬発力や集中力、判断力をフルに発揮しなくてはならないスポーツ全般に、
大きな影響をもたらすのです。
プロ野球選手などが早い球にもしっかりバットをヒットさせることができるのは、
動体視力が発達しているからであると言うことができるでしょう。
動体視力トレーニングは、5歳から10歳程度までの幼少期に開始すると効果的です。
動くものに対する焦点を瞬時に合わせることができるよう、
繰り返しトレーニングを行いましょう。
自然に目の動きを鍛えられるよう、
屋外での昆虫採集や鬼ごっこなどを取り入れることが有効です。

コラム