点滅レンズで動体視力やスポーツビジョンを鍛え、加齢による衰えの回復・維持にも使える世界初のトレーニングメガネ「ビジョナップ Visionup」(シャッターゴーグル)の専門店「プライマリーショップ」

 

運転と動体視力の関係性

《運転するときに必要な能力》

車や自転車などの乗り物を運転する際には、
周囲の状況を確認しながら手足を動かすという大変複雑な動作を行っています。
その際に必要となるのが、「視力」と「反射神経」。
運転と視力の関係性を理解することにより、安全性を向上させることが可能です。

《反射神経とは何か》

運転中、急に視界に物体が入ったという経験は多くの人にあるでしょう。
そうした状況を瞬時に理解することで身体がハンドルやブレーキの操作を行い、
事故を避けることにつながるのです。このような身体の動きに直結するのが反射神経です。
反射神経が極端に低下しているような状況下で運転を行うと、
状況に合わせた乗り物の操作が困難になるでしょう。

《安全な運転のために必要な目のはたらき1》

人間の動作は、目から入る情報に支えられています。
網膜に映し出された映像をもとにして、脳が全身の筋肉に反応を起こすよう促すのです。
運転を行うに当たって必要とされる反射神経もまた、
このプロセスに従って動作していますので、
俊敏な判断力のためには視力のはたらきを重視する必要性があると言えるでしょう。
そのため、車の運転に限って言えば免許証の取得には両目で0.7、
片目で0.3以上の視力を有していなければならないという規定が存在しています。
しかし、運転に必要な目のはたらきは視力検査で判定される度数には限りません。

《安全な運転のために必要な目のはたらき2》

危険性を回避するためなどに必要な反射神経は、
視力の種類の一つである「動体視力」と厳密なつながりを持っています。
動体視力は動いている物体を見るために使われる能力ですから、
常に変化する道路上の状況を判断するためには、欠かせないものであると言えるのです。
動体視力を低下させてしまうと車間距離などを上手く測ることができなくなってしまう、
飛び出してきたものを認識しづらくなってしまうなどの問題を起こしやすくなるため、
事故などの危険性を招きやすくなってしまいます。
乗り物の速さが上がるほど動体視力の精度は落ちてしまいますから、
運転の際には加速しすぎないよう注意しなければなりません。
また、普段から動体視力を活発にするトレーニングを行うことなどで、
反射神経を向上させることが可能です。
一日数分からの取り組みで、動体視力のはたらきを維持しましょう。

コラム