点滅レンズで動体視力やスポーツビジョンを鍛え、加齢による衰えの回復・維持にも使える世界初のトレーニングメガネ「ビジョナップ Visionup」(シャッターゴーグル)の専門店「プライマリーショップ」

 

動体視力を鍛えたほうが良い理由って?

《スポーツに興味のある人意外にも役立つ!動体視力を身につけよう》

トップアスリートがトレーニングを行っていることなどで話題となった、
「動体視力」ですが、特にスポーツを行っていない人でも、
動体視力を鍛えることには様々なメリットがあります。
そもそも視力には、静止視力と動体視力があります。
静止視力とは、止まっている物体に対してピントを合わせるための能力のこと。
動体視力はその逆で、動く物体を見るときに使われる目のはたらきです。
動体視力を大きく2つに分類すると、左右に動く物体を見るための「DVA動体視力」と、
真っ直ぐ自分に向かって進んでくる物体を見るための「KVA視力」に、
分けることができます。
これら2つをバランスよく鍛えることで、
日常生活に大きな利点を感じることができるようになるでしょう。

《動体視力を鍛えて、多くのメリットを体感!その1》

動体視力を育てることのメリットとして最も大きなものと言えるのが、
反射能力の向上です。
周辺視野なども広がりますので、
車や自転車を運転するときなどには特に有益性を感じることができるでしょう。
急に道路上に飛び出してきた人や動物に対する認知力がアップしますので、
危険回避能力に大きな差異を生み出すことにつながります。
適正な車間距離を保つための能力も動体視力に関係していると考えられていますので、
乗り物を運転するときには、動体視力は不可欠など存在であると言えるでしょう。

《動体視力を鍛えて、多くのメリットを体感!その2》

人間の身体の動きは、目から入ってくる情報によって支えられています。
そのため、網膜に映し出される映像の分析に時間がかかるほど、
動作が遅くなってしまう傾向があるのです。
動体視力を鍛えることで脳から筋肉に状況を伝える時間が短くなりますので、
キビキビとした動きやすい身体に導くことが可能となるでしょう。
毎日の生活に役立つ動体視力の向上を目指して、
簡単なトレーニングなどを行うことをお勧めします。

コラム