点滅レンズで動体視力やスポーツビジョンを鍛え、加齢による衰えの回復・維持にも使える世界初のトレーニングメガネ「ビジョナップ Visionup」(シャッターゴーグル)の専門店「プライマリーショップ」

 

動体視力と仕事の関係性

《静止視力と動体視力》

視力には2種類のものが存在しています。
一つは運転免許証などの取得や学校の視力検査で判断される「静止視力」。
ピントを合わせる対象物も自分の目も止まった状態でものを見るときに使います。
もう一つは「動体視力」です。
常に動く対象物に焦点を合わせ、どのような動きをしているか識別するときに使われます。
主にスポーツを行う人に役立つと言われる動体視力ですが、
これを鍛えるトレーニングを行うことで、仕事の効率を上昇させることも可能です。

《動体視力を仕事に活用しましょう!》

動体視力トレーニングが仕事に役立つ理由の大きな根拠となるのが、集中力の向上です。
眼球の動きをスムーズにコントロールする訓練を積む事によって、
瞬間的に物体のディテールを捉える能力が向上し、
脳の活性化へとつなげることができるのです。
物体の動きを多角的に捉えることが可能になるため、
頭を柔軟にしたい人にも打ってつけの効果を見出せるでしょう。
人間の身体は目から取り入れた情報をもとにして活動を行っていますので、
視野のはたらきを活発化させることで、
能力値を飛躍的にアップすることが可能になるのです。

《動体視力が役立つ仕事の種類》

スポーツ関連の仕事に就いている人はもちろん、
発想力を必要とするコンサルタントや営業マン、
情報処理能力を必要とするIT企業従事者など、
動体視力が役立つ仕事の種類は多岐に及びます。
動体視力の向上によって判断力や反射能力もアップしますから、
運転をする機会が多い仕事の人にも役立つでしょう。

《動体視力トレーニングを実践しましょう》

動体視力トレーニングは、日常生活に手軽に取り入れることが可能です。
走る車や電車の中から看板を読み取る練習をする、眼球の回転運動を行うなどして、
目をスムーズに動かせるようになるようトレーニングして行きましょう。
動体視力は年齢を重ねるとともにゆっくりと低下してしまいますから、
日ごろから眼筋を鍛える運動を行うことが大切です。
有意義な仕事のある生活を送るために、目のはたらきを最大限活用しましょう。

コラム