点滅レンズで動体視力やスポーツビジョンを鍛え、加齢による衰えの回復・維持にも使える世界初のトレーニングメガネ「ビジョナップ Visionup」(シャッターゴーグル)の専門店「プライマリーショップ」

 

動体視力は生まれつきなの?

《動体視力とはなにか》

動体視力は動いているものを瞬間に見る力です。
例えばボクシング等では相手のパンチを回避したり、野球では動いている球を打ったり、
スポーツだけではなく日常の色々な場面で必要な力です。
先天的に優れている人も居ますが、これは脳の力で、繰り返し鍛える事によって、
動体視力は向上する可能性があります。
生まれつきのセンスと諦めるのではなく、動いているものを見る経験が非常に重要であり、
特に小さい頃に鍛えてあげる事が望ましい能力です。
視力トレーニングとは違っていて、目の眼球運動はトレーニングが出来るものですし、
目を発達させる為には12歳辺りまでが重要な時期であり、
運動神経回路等でもこの時期までに鍛え無いと脳内に回路が構築出来ないものもあります。
大人になってからも鍛える事が出来る部分もありますが、
子供時代にしか構築出来ない回路もあるので、適した年齢で向上させる事が重要です。
子供の動体視力を鍛える時に有効な方法として、
遠くを見つめて様々な目の動きをとることなどが必要です。

《動体視力を鍛える方法とは》

動体的な視力は生まれつきの能力だけではなく、後天的に鍛える事も出来るものです。
子供の時に最も発達しやすくもあり、
子供の時でないと構築出来ない脳の回路もありますから、
12歳までの時期に遠くを見て目を動かす事が重要であり、
日常の遊びは非常に有効であり、かくれんぼをしたり、球技で遊んだり、
虫を採ったりと、体を動かす事と目で見て動きを判断する遊びが自然と向上させます。
生まれつきセンスがあっても使わない部分は向上しないですし、
適齢期に適切なトレーニングを行う事が重要なものです。
動体視力は10歳辺りまでに急激に発達して、20歳辺りがピークと言われており、
神経の発達等に直結しているものですから、
外で遊ぶ事が好きだった子は自然と鍛えられている可能性も高く、
家の中でゲームをしたりじっとして体を動かしたり、
自然の中で動いているものを見る機会が無かった人は、
大人になってからもこうした能力が発達しておらず、
体を鍛える事が出来てもスポーツが苦手という方は多いです。

コラム