点滅レンズで動体視力やスポーツビジョンを鍛え、加齢による衰えの回復・維持にも使える世界初のトレーニングメガネ「ビジョナップ Visionup」(シャッターゴーグル)の専門店「プライマリーショップ」

 

社名の由来

1990年、海外駐在で滞在していたドイツから、アメリカで開催される展示会を訪れた時の こと。
場所は、南部サウスカロライナ州
Greenvilleと現地法人のあったノースカロライナ州Charlotte
人々が別れ際に、
”Thank you.” という代わりに ”Appreciate.” と言うのを何度も耳にしました。
「へぇー、Appreciateって、そんな使い方ができるんだ。」と妙に印象に残りました。

その後、仕事上のビジネスレターの文章にappreciateという単語を好んで使うようになりました。
Your kind assistance is highly appreciated in advance. といった感じです。

その後、サラリーマンをやめ、独立して個人事業主として会社を登録する際、日本語の「感謝」
という言葉や意味を入れた屋号にしたいと考えました。

それまで多くの人たちに助けられてきたし、今後はより多くの人たちに助けられるだろうと考えると、
感謝という気持ちが全ての源のように思えたからです。


しかし、漢字ではいい名前を見つけられず、ちょっと気取って英語のカタカナ表記を考えた時、
自然と
Appreciate⇒アプリシエイトという名前になったワケです。

最初は、貿易アドバイザーの仕事でしたので、アプリシエイト企画という屋号にしました。

2013年に法人を設立するにあたって、株式会社アプリシエイトとしました。

Appreciateというと、「他動詞だから感謝しろという命令形で変だ。」と思われる かもしれませんが、
そんなことはありません。

Thank you.も本来ならI thank you.ですが、慣例的にThank (you).と言うのと同じで、意味は
I appreciate you.なのです。

残念ながら、今は未だ、なかなか分かっていただけなくて、電話口で何度も 聞き返されたりします。(苦笑)
でも、私の別の好きな単語
collaborate コラボレイトも

普通に使われ出したのはつい最近のことです。
そう遠くない日に
appreciate もよく使われるようになると予想してるのですが...