点滅レンズで動体視力やスポーツビジョンを鍛え、加齢による衰えの回復・維持にも使える世界初のトレーニングメガネ「ビジョナップ Visionup」(シャッターゴーグル)の専門店「プライマリーショップ」

 

Visionupの基本設計

ストロボスコープは、高速で移動、回転、振動する対象物をゆっくりと、あるいは静止しているように見せるための機器で、検査装置としても使われています。

細かく点滅する強力なフラッシュライトを使い、 対象物の速度に合わせてフラッシュの点滅スピードを調整することで、対象物が静止しているように見せるものです。

この現象は、一種の錯覚によるもので、一般的に"ストロボ効果"として知られています。 劇場やディスコで、激しい動きをスローモーションのように見せる技法などでも使われるものです。
動体視力トレーニングメガネ『Visionup』は、このフラッシュライトの代わりに、CPU(集積回路)で調整可能な世界最速レベルの高速液晶(LCD)を搭載しています。

『Visionup』を装着すると、液晶がオンの時はレンズが透明となり見ることができますが、液晶がオフの時はレンズが半透明となり見ることができません。
この方法を使って、いつでも、どこでも簡単にストロボ効果を得ることを可能にしました。
もちろん点滅スピード(周波数Hz)は、電子的なストロボスコープと同じように調整することができます。さらに、1サイクルあたりのオンとオフの比率(Duty Ratio)を調整することもできます。

※Visionupの点滅システムに、照明など発光体は使用していません。あくまでも液晶のON/OFFによるもので、カメラのシャッターが開閉を繰り返すような、あるいは、目の前で手の平を上下に振るようなものです。

周波数 (Hz)

『Visionup』の液晶付きレンズは、透明と半透明の状態を高速で繰り返します。
この回数を調整するのが「周波数」の調整です。
周波数は、5Hz〜200Hzの範囲で1Hz毎に調整することができます。
※『Visionup』は、性能的にはMax.1,000Hzの液晶を搭載しています。
これは、現時点での世界最高レベルの周波数です。

Visionup周波数

ボールや移動物の回転や軌跡を見るには、周波数を上げると効果的です。
反対に、スポーツにおける視覚負荷トレーニングには周波数を下げるのが効果的です。

より高い周波数

ボールの回転や軌跡をみ見るのに適する

より高い周波数イラスト

より低い周波数

スポーツにおける視覚負荷トレーニングに適する

より低い周波数イラスト

Duty Ratio

Duty Ratio とは、液晶の開閉サイクルにおける閉じている割合=遮断率のことです。
この割合の調整がDuty比の調整で、Duty比は30%〜90%の間で1%毎の調整が可能です。

※一般的なストロボスコープではこの調整はできません
※Duty比が高いと視界が暗くなるので、屋外または明るい室内でのご使用をおすすめします

Duty比

速度の速いものを見る時はDuty比を高く、遅いもの見る時はDuty比を低く調整すると効果的です

Duty比の高めの設定

より高速の対象物を見るのに適するが、視界がより暗くなる

Duty比の高めの設定イラスト

Duty比の低めの設定

軌跡を確認しながら、より低速の目標物を見るのに適する

Duty比の低めの設定イラスト

※周波数とDuty比の調整は、目標物の速度、トレーニングの目的、及び個人差などにより変わります。