点滅レンズで動体視力やスポーツビジョンを鍛え、加齢による衰えの回復・維持にも使える世界初のトレーニングメガネ「ビジョナップ Visionup」(シャッターゴーグル)の専門店「プライマリーショップ」

 

シャッターゴーグルとしてスポーツビジョンの新書籍で紹介されました!

講談社スポーツビジョントレーニング2



11月20日、講談社から出版された「一流選手になるためのスポーツビジョン
トレーニング」で動体視力トレーニングメガネ「プライマリー」が“シャッター
ゴーグル”として紹介されました。

※『プライマリー』の液晶レンズの点滅が、カメラのシャッターの開閉に似ている
  ことから、シャッターゴーグルとも呼ばれる。


新モデルのサンプル画像とともに、3ページにわたって紹介されています。



講談社スポーツビジョントレーニング



著者は、日本での動体視力やスポーツビジョンの第一人者、石垣尚勇先生
(愛知工業大学教授、医学博士)です。

2年の制作期間を経て出版された同書は、イラストや写真を豊富に使った
図解版で、とても分かりやすい内容となっています。

これまでにも、スポーツビジョンに関する書籍は数多く出版されていますが、
トレーニングの現場ですぐに使える実用的な本としては、初めてのものでは
ないでしょうか?

動体視力のトレーニングというと、一流選手だけがやるものというイメージが
あるかもしれませんが、決してそんなことはありません。
むしろ、小中学生から始めた方がメリットが大きいですし、中高年の方々にも
おすすめしたいトレーニングです。

理由は、動体視力が19歳ごろをピークに、加齢で発達し、加齢で衰えるからです。

必ず衰えるので、早めに高めておくのがお得だと言えます。
また衰えが進むと普段の生活にも支障をきたすので、高齢者には回復が
望まれます。

発売されたばかりにもかかわらず、本を読んだ方々から既に4件のお問合せを
いただきました。

その内2件は少年野球の指導者の方でした。
“目のトレーニング”の認知度がまだまだ低い中、スポーツの指導者に興味を
お持ちいただくのは、とても嬉しいことです。

従来の身体トレーニングと技術トレーニングに加えて、視覚トレーニングを
求める機運の高まりを感じています。

スポーツ選手・アスリートはもちろん、その家族、親御さん、そして監督、コーチ、
トレーナー、コンディショナーなど指導者の皆さんにもぜひお読みいただき、
どんどん”目のトレーニング”が広まることを願っています。


一流選手になるためのスポーツビジョントレーニング
石垣尚勇 著
講談社
価格1,404円
Amazonでの購入ページはこちら