美しい姿勢を作り基礎代謝をアップさせる!背中の筋肉を鍛えるメリット

美しい姿勢を作り基礎代謝をアップさせる!背中の筋肉を鍛えるメリット

筋トレに励む人は少なくないですが、そんな人でもついおろそかになりがちなのが背中の筋肉ではないでしょうか。ところが、背中の筋肉を鍛えることにはさまざまなメリットがあります。これまで背中の筋肉をしっかり鍛えられていない人も、ぜひ見直してみましょう。

背中の筋肉というとひとまとめに「背筋」と呼ばれることが多いですが、大まかに見てもいくつかのパートに分けることができます。代表的なパートは僧帽筋、広背筋、そして、脊柱起立筋の3つです。それぞれ異なる役割を果たしているため、どれ一つおろそかにせず3つとも効率よく鍛えましょう。

 

鍛えるべき背中の筋肉は3つ

まず僧帽筋ですが、首から肩、背中の上側の表面全体を覆うように広がる大きな筋肉であり、首周りの動作において非常に重要な役割を果たしています。僧帽筋の不調が肩こりなどのトラブルにつながることもあるため、この筋肉を鍛えることで肩こりの解消も場合によっては期待できるでしょう。

広背筋も背中の中央を覆う大きな筋肉で、脇の下から腕にかけて広がっています。背中の筋肉のなかでも最も長く大きな筋肉であり、姿勢を維持するのにも不可欠です。腕を内側に捻る動きや後ろに引っ張る動きなどに用いられます。

もう一つの脊柱起立筋とは、頭蓋骨の真下から背骨に沿って骨盤まで続いている筋肉のことです。こちらも姿勢の維持に重要な役割を果たす筋肉であり、スポーツのパフォーマンスにも大きな影響を与えます。特に、後ろに反り返るような腰から背中にかけての動きに必要です。

 

背中の筋肉を鍛えるメリット

僧帽、筋広背筋、それに、脊柱起立筋と背中には鍛えるべき3つの筋肉があることがわかりましたが、具体的にこれらの筋肉を鍛えることによってどのようなメリットがもたらされるのでしょうか。

 

姿勢の改善

筋肉を鍛えることによってもたらされるメリットには個人差がありますが、誰にも共通して当てはまるメリットが姿勢の改善です。背筋がピンと伸びた美しい姿勢は背中の筋肉によって作られています。逆に、背中の筋力が衰えると、背筋を伸ばすことが難しくなり姿勢が崩れてしまうのです。姿勢に難がある人は、背筋を鍛えることによってまっすぐ綺麗な姿勢を維持できるようになるでしょう。

背中の筋肉を鍛えることによって、肩こりなどの不調の解消に繋がることがあります。特に、僧帽筋は頭を支える筋肉ですので、この筋肉が弱っていると肩こりになりやすいです。また、背中の筋肉が美しい姿勢をつくると述べましたが、逆に、背中の筋肉が衰えることで姿勢が悪くなり、それによって腰が曲がったり反ったりして腰痛を引き起こすこともあります。ですので、腰痛持ちの人は背中の筋肉を重点的に鍛えることによって解消できる場合もあるのです。

 

基礎代謝がアップする

背中の筋肉を鍛えるもう一つのメリットは、基礎代謝がアップすることです。基礎代謝とは、体温の維持や臓器の働きなど生命維持の活動によって消費されているエネルギーのことであり、生きている限り誰でも一定のエネルギーを毎日消費しています。基礎代謝をアップさせることによって、痩せやすく太りにくい体になるだけでなく、免疫力もアップして病気に強い体を手に入れることも可能です。

そんな鍛えるとメリットのある背中の筋肉ですが、どのように鍛えるのが効率的でしょうか。具体的なトレーニングメニューとして、まずは自分の体重でできるトレーニングから始めていきましょう。

 

背中の筋肉を鍛えるトレーニングメニュー

脊柱起立筋を鍛えるのにおすすめなのが、バックエクステンションです。まず、両足を揃えた状態でまっすぐ伸ばし、床にうつ伏せの姿勢になってください。その次に、後頭部に両手をのせ、顔を心持ち持ち上げます。次に、両足を床にくっ付けた状態のまま、上体をゆっくり浮かせましょう。上体を上までしっかり上げてから、今度は元の位置までゆっくり下ろします。

以上を数回繰り返すと、脊柱起立筋を中心に背中の筋肉が効率よく鍛えられます。コツとしては、左右に体がぶれないよう、体全体を同時に浮かせるようにすることです。

 

僧帽筋や広背筋を鍛えるのにおすすめなのがラットプルダウンです。ラットプルダウンというとジムのマシンで行うメニューというイメージがありますが、マシンがなくてもできます。

代わりにタオルを用意してください。まず、イスに座りまっすぐな姿勢を保ちましょう。その状態でタオルの両端を両手で持ってから、両腕を上に持ち上げてください。タオルを引っ張る力は左右均等になるようにするのがコツです。しばらく引っ張った後、その状態のまま腕を下に下ろします。これを何度か繰り返してください。

自重トレーニングができるようになったら、ダンベルを使ってみるのもよいでしょう。ダンベルがあれば、デッドリフトによって背中の筋肉にしっかり刺激を与えることができます。

 

効率的な筋肥大に筋肉増強剤

背中は通常自分で確認することができないため、なかなか鍛えにくい部位です。鍛えようと思っても、正しいフォームでできていないことに気づいていないこともあります。できればトレーニングの様子を撮影するなどして、自分の目で確認できるようにするとよいでしょう。

なお、背中の筋肉も含め、全身の筋肉を効率よく迅速に鍛えたいのであれば、筋肉増強剤という手もあります。関心のある方は通販サイト「アイパワー」にてご検討ください。

 

 

アナボリックステロイド購入はコチラから"

関連記事

おすすめサイト

筋力増強剤の購入はアイパワーへ

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針