おうちトレーニングで最低限揃えたい筋トレグッズとは?

おうちトレーニングで最低限揃えたい筋トレグッズとは?

体を鍛えたいけどジムに通うのはちょっと…または、そんなにハードなトレーニングをする気はなく、あくまでダイエットや健康のために鍛えたい、そんな方はおうちトレーニングの効果を高めてくれるような方法や環境づくりが大事です。

 

ジムのメリットは、高いトレーニング効果を得られる器具が充実している点と、トレーナーによるアドバイスやプランニングなどのサポートが得られる点です。これらと同等の環境をおうちトレーニングで得ることはできませんから、あくまで整えられる範囲内で環境を整えていくことが大事です。

 

おうちトレーニングの環境を整えるポイント

そして、トレーニング環境を整える上で重要なポイントとなってくるのが筋トレグッズです。どんなトレーニングを実践するにも、ある程度の器具やグッズを揃える必要が出てくるでしょう。スロートレーニングのような自重トレーニングをメインにした方法もありますが、そうした自重トレーニングにしても、快適に行うのに必要なグッズ、あるいはトレーニングを続けていくうちに必要になってくる器具などがあります。例えば、腕立て伏せで鍛えていた段階からレベルアップして懸垂で鍛えたくなった場合には、チンニングスタンド(懸垂マシン)が必要になります。

 

ですから、おうちトレーニングを行う際に揃えておきたい筋トレグッズも、選び方によっていろいろな選択肢が出てきます。そのポイントについて触れておきましょう。

 

どこを鍛えたいのかで筋トレグッズを選ぼう

まず、すでに触れたように「どんなトレーニングをするつもりなのか」です。ダンベルトレーニングをするつもりなら、当然ダンベルが必要になるわけです。それから「どこを鍛えたいのか」で、腹筋をメインに鍛えたい人がバーベルを購入してもあまり役に立たないでしょう。

 

一般人の感覚として重要なのは「買えるか、置けるか」です。ジムと同じようなトレーニングができる器具があれば言うことなしですが、そんな高価なものは買えないし、買えても置く場所がないという方がほとんどでしょう。これは一人一人の経済力・住宅事情とも関わってくるので、あくまで本人の基準で決める問題でもあります。

 

置き場所を考える上でのポイント

置き場所に関してはもうひとつ、すぐに取り出せる、すぐに使える状態で保管できるかどうかも大事な部分です。例えば、普段は押入れに収納しておくなど、トレーニングのために引っ張り出すのに手間がかかる器具の場合、疲れている時ややる気がない時など、そもそも引っ張り出すのが面倒になって、ついついサボってしまいがちになります。「トレーニングをしよう!」と思った時にすぐに使える状態で保管できるかどうかも、意識して選ぶことになります。

 

オススメの筋トレグッズ

ダンベル

筋トレグッズと言われて真っ先に思い浮かぶのは、おそらく先述したダンベルでしょう。腕を鍛えるのにもっとも適していますし、「いかにも筋トレをしている」イメージが湧きやすいグッズでもあります。もちろんこれもよいのですが、初心者がおうちトレーニングを始めようと思った場合に、真っ先におすすめできるのが「トレーニングチューブ」です。チューブを引っ張ることで筋肉に負荷をかけて鍛えるグッズです。

 

チューブ

チューブですから置き場所にも困りませんし、簡単に持ち運びもできます。しかも単純に両手で引っ張れば腕を鍛えることができますし、背中に回して持ち上げる、仰向けになった状態で引っ張るなど、使い方によって背筋や腹筋、脚と、さまざまな部位の筋肉を鍛えることができます。さらに、チューブの長さや引っ張る力で負荷を加減しやすいので、筋肉を傷めにくいメリットも持っています。重いダンベルを無理に持ち上げようとして筋肉を傷めてしまうといった、ありがちなトラブルも避けられます。

 

腹筋ローラー

それから、腹筋ローラーです。ダンベルに似ていますが、両手でハンドルを握った状態で、ローラーを転がしながら体を倒したり起こしたりすることで、腹筋を鍛えることができます。

 

自重トレーニングの腹筋運動は、正しい方法で行わないとあまり効果が得られなかったり、腰や首を傷めてしまったり、といった難点があります。腹筋ローラーなら鍛えたい腹筋の部分を集中して鍛えることができるので、お腹を引っ込めたい、あるいは憧れのシックスパックを目指したいという方にもピッタリです。なお、ダンベルでも代用できるので、どちらを購入するか、検討するとよいでしょう。

 

トレーニングマット

こうしたトレーニングに必要なグッズに加えて、安全・快適なトレーニング環境を整えるのに役立つグッズも、できれば用意したいところです。その中で、必須と言っても過言ではないのがトレーニングマットです。滑りやすいフローリングなどでトレーニングを行う時には滑り止めになりますし、腹筋のように寝そべって行うトレーニングの場合には快適な状態で行うことができ、とても重宝します。厚手の方が適していますが、丸めた時にきちんと保管できるか、トレーニングの際に出しやすいかなども考慮して、選んでみましょう。

 

バランスボール

あとは、おうちトレーニングに適している一方で、ちょっと場所を取るグッズもあります。代表格はバランスボールでしょう。他には、腕立て伏せの効果を高めるプッシュアップバー、先述したチンニングスタンドなどが挙げられます。これは必須というわけではなく、自分にとって必要かどうかを考慮した上で判断することになるでしょう。

 

効率的な筋肥大に筋肉増強剤

もうひとつ意識しておきたいのが、筋トレをサポートしてくれるアイテムです。疲労を和らげるアミノ酸飲料、トレーニング後の筋肥大を促すプロテインなどが代表格として挙げられます。本格的にビルドアップしたいという方は、筋肉増強剤もチェックしておくとよいかもしれません。例えば、アイパワーなどの個人輸入代行業者で購入できるアナボリックステロイドは、ボディビルダーからも愛用されているもので、優れた筋肉増強効果が期待できます。

 

 

アナボリックステロイド購入はコチラから"

関連記事

おすすめサイト

筋力増強剤の購入はアイパワーへ

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針