話題のケトジェニック。無駄な脂肪を無くす糖質オフ食材と話題のMCTオイル

話題のケトジェニック。無駄な脂肪を無くす糖質オフ食材と話題のMCTオイル

アメリカのセレブを中心に流行しているダイエットが、「ケトジェニックダイエット」です。ケトジェニックとは糖質制限のことであり、要は、糖質の多い食材を控えてダイエットしようということですが、それに合わせて「MCTオイル」という種類のオイルも注目されています。

 

ケトジェニックダイエットとは?

ケトジェニックダイエットとMCTオイルについて知る前に、ケトン体について知っておきましょう。人間の体は、意思とは関係なく24時間常に働いています。肺や心臓、胃腸などの消化器官、また、脳もそうですが、体の臓器や各部の組織は絶え間なく常に働いているのです。したがって、それには当然エネルギーが必要となります。

 

体の各組織に必要なエネルギーが万一枯渇するようなことがあっては大変ですので、体はエネルギーの産生経路を2つ用意しています。

一つが糖質、具体的にはブドウ糖からの経路です。ブドウ糖は即効性の高いエネルギー源であり、体に取り入れるとすぐに働いてくれるのがメリットですが、同時に、すぐになくなってしまうというデメリットがあります。

そのため、もう一つのエネルギー産生経路として体が用意しているのが体脂肪です。体には中性脂肪が蓄えられていますが、それをベースに肝臓で作られるのがケトン体です。このケトン体が、脳や臓器、筋肉など各組織のエネルギーとなります。

ケトジェニックダイエットという名前からも、それがケトン体と関係していることがわかるでしょう。つまり、このダイエットは、体脂肪を燃焼させてケトン体をより産生させようとする方法です。そのためには、もう一つのエネルギー産生経路である糖質を制限しなければなりません。

 

MCTオイルとは?

糖質を制限するには、糖質を多く含む食べ物を控えるという方法もありますが、それと並んで注目されているのがMCTオイルです。

MCTオイルとは、英語で「ミディアムチェーントリグリセリド」のことであり、日本語でいうなら「中鎖脂肪酸」になります。つまり、中鎖脂肪酸を豊富に含むオイルのことで、具体的にはパームオイルやココナッツオイルなどです。ただ、MCTオイルという時は、こうしたパームオイルやココナッツオイルをさらに精製し、100%中鎖脂肪酸だけにしたオイルを指すことが多いです。

 

一般的なサラダ油や動物性の油脂は、MCTオイルの中鎖脂肪酸と違って、「長鎖脂肪酸」という脂肪酸から成っています。中鎖脂肪酸よりも分子量が大きく、その分、消化にも時間がかかるのが特徴です。

一方、分子量が中鎖脂肪酸の場合、長鎖脂肪酸よりも小さいため、体に取り入れた時に分解・消化が早く、体内にスムーズに吸収されます。肝臓にも素早く運ばれるため、エネルギー源としての効率が非常によいのです。また、体に留まる時間が短いため、長鎖脂肪酸のオイルのように脂肪として蓄積されにくいという特徴もあります。そのため、ケトジェニックダイエットに最適なオイルとして重宝されているのです。

 

MCTオイルの効果

実際、ダイエット中に一般的な食用油の代替物として使うと、MCTオイルはダイエットの効果を高めます。積極的に取り入れたいところですが、揚げ物にはあまり適していないことに注意しましょう。サラダに混ぜて食べるような、加熱しない食べ方がおすすめです。

また、脂肪になりにくいといっても、MCTオイルも油には変わりません。取り過ぎれば当然ながら肥満の原因になってしまいます。あくまでダイエット中にも利用しやすい代用オイルとしておすすめということですので、「MCTオイルをたくさん取れば痩せる」などとは勘違いしないようにしてください。

ケトジェニックダイエットとは糖質制限ダイエットのことですから、MCTオイルかどうかはともかく、日ごろ食べる食材にも注意してください。なるべく糖質の少ないものを選ぶことが大切です。では、どんな食べ物が糖質が少ないのでしょうか。

 

オススメの食事について

肉類はダイエットの大敵のようなイメージがありますが、実はそうではありません。脂肪分は別ですが、赤身肉は糖質が少ないため、積極的に食べても構いませんし、むしろたんぱく質を豊富に含みエネルギー源として素早く役立ってくれるので積極的に食べましょう。また、赤身肉にはカルニチンという脂肪燃焼に作用がある成分が含まれています。ダイエットにおすすめです。

 

魚介類も糖質の少ないダイエット中にも積極的に食べたい食材の一つです。魚介類全般にいえることですが、たんぱく質やミネラルが含まれています。特に注目したいのが、オメガ3系脂肪酸が豊富な青魚です。鯖や秋刀魚、にしんなど青魚の種類は多いですが、熱に弱いという特徴がオメガ3系脂肪酸にはあります。なるべく刺身やお寿司などの食べ方で食べるようにしましょう。

 

あと、野菜ももちろん糖質の少ない食材としておすすめです。糖質が少ないだけでなく、ビタミンやミネラルなど栄養が豊富で食物繊維もたっぷりあるので、ダイエット中には最適といえます。ただし、野菜の種類によって糖質の量が違います。根菜類は比較的糖質が多いため、糖質制限中は緑の野菜を選ぶようにしましょう。

 

効率的な筋肥大を目指したい方は筋肉増強剤

糖質制限ダイエットで余計な脂肪分を落とすと同時に、筋肉を付けて肉体改造を図っている方も少なくないのではないでしょうか。そんな方には、筋肉増強剤という方法もあります。通販サイト「アイパワー」において筋肉増強剤は手軽に購入できますので、興味のある方は検討してみてください。

 

 

アナボリックステロイド購入はコチラから"

関連記事

おすすめサイト

筋力増強剤の購入はアイパワーへ

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針