筋トレの意識が変わる!筋肉の働く仕組みを理解しよう

筋トレの意識が変わる!筋肉の働く仕組みを理解しよう

私たちの体は600種類もの筋肉で構成されています。憧れのボディーを目指して筋トレに励む方も、有名な筋肉の名前は覚えていても、それほど多くの筋肉がどのような働きをしているかまでしっかり理解していることは少ないでしょう。ただ、筋肉の基本的な仕組みだけでも理解しておくと、トレーニングにも役立ちます。筋肉の働きとその仕組みについて、基本的なことだけでも覚えておいてください。

 

筋肉の働きとして誰もがイメージするのが、体を動かすことではないでしょうか。その通り、私たちが体を動かすことができるのは、筋肉によって関節を動かすことができるからです。また、心臓や肺、そのほかあらゆる臓器はすべて筋肉で動いています。

 

身体の環境を一定に保つ働き「ホメオスタシス」

体を動かす以外にも筋肉には重要な働きがあります。熱を生み出すこともその一つです。私たちの体は、環境にかかわらず常に一定の温度を保っています。暑い夏でも寒い冬でも常に体温が36℃前後に維持されているのは、ホメオスタシスという生き物が持つ働きのおかげです。ただ、寒い冬に気温よりも高く体温を維持するには、体の内部で熱を生み出さなければなりません。その役割の大部分を担うのが筋肉なのです。

 

筋肉の持つもう一つの重要な働きが、体を安定させることです。常に重力が働いているこの地球上において、それに逆らって私たちが立ったり走ったりできるのは、筋肉が重力に対抗できる力を持っているからです。また、横になって寝ている時も、筋肉は体を支えています。どんな時でも筋肉は姿勢を支えるために働いており、完全に休む時はありません。

 

筋肉の働き

筋肉は縮むことによって力を発揮します。逆に、伸びることは自らできません。筋肉を鍛えている方なら誰もが知る上腕二頭筋を例に取りましょう。ご存じのように、上腕二頭筋とは二の腕の内側にある筋肉ですが、この筋肉が縮むことで肘が曲がります。では、肘を伸ばす時は、上腕二頭筋が伸びるから肘が伸びるのかというとそうではありません。この場合、上腕二頭筋と反対の、腕の外側に位置する上腕三頭筋が縮むことで、肘が伸びるのです。上腕二頭筋はそれにつられて引っ張られているだけです。上腕二頭筋と上腕三頭筋だけでなく、体中の筋肉は、このように逆の作用を行う対の存在とセットとなっています。

 

筋肉の部屋

筋肉には、短縮性収縮と伸張性収縮という2種類の収縮形態があります。たとえば、肘を固定してダンベルを持ち上げる時、上腕二頭筋が短縮性収縮を行って、その力によって肘を曲げてダンベルを持ち上げます。逆に、肘を曲げて持ち上げたダンベルを下ろす時は、上腕二頭筋が伸張性収縮という引き伸ばされる時の作用で力を発揮して、重いダンベルをゆっくり下ろすことができるのです。筋肉にはこのように2種類の収縮の作用があります。そのおかげで、私たちは体を自由に動かせるのです。

 

短縮性収縮と伸張性収縮、どちらも筋肉が力を出す際の働きですが、なぜ動きが変化するのでしょうか。これは筋繊維が大きく関係しています。筋肉とは筋繊維が束になってできたものであり、動きに応じて動員される筋繊維の数が変わる仕組みです。たとえば、先ほどのダンベルを持ち上げる時の上腕二頭筋のように、ある物を持ち上げる時に筋繊維を100本動員するとします。逆に下に下ろす時は、筋繊維をたとえば50本だけ動員して重さに負けるように制御しているのです。そうすることで、重いダンベルをゆっくり下ろすことができるという具合になっています。

 

下ろす動きが重要です

筋トレでは、ウエイトを持ち上げる時よりも下ろす時の意識が大切だと言われることがあります。これは、筋繊維の動員数が曲げる時と伸ばす時で違っているからです。ダンベルを下ろす時の方が、持ち上げる時よりも少ない筋繊維の数で動きを制御することになります。つまり、筋繊維1本当たりにかかる負荷が、持ち上げる時よりも大きくなるのです。それゆえ、筋肉にかかる刺激も大きくなります。ウエイトを下ろす動きの方がより効率的に筋肉を大きくできるという考えは、この筋繊維の働きと関係しているのです。

 

上記のように筋肉にはさまざまな働きがあり、筋繊維が複雑に動作して体を動かしています。その筋繊維にわざと刺激を与えるのが筋トレです。刺激を加えて傷ついた筋繊維は、修復される過程で以前より強く成長します。

 

効率的な筋肥大に筋肉増強剤

ただ、筋トレを続けていると、筋肉が刺激に慣れてしまうからか、頑張っているつもりなのにこれまでのように筋肉が成長しなくなることがあります。ある程度筋トレに励んできた方なら誰もが経験することでしょう。その際、いろいろ工夫して筋肉に加える刺激に変化を付けていくことが限界突破のために大切なのです。

筋トレで限界を感じている人のなかには筋肉増強剤を用いる人もいます。これは筋肉の成長を効率的にするためのアイテムです。もし筋トレの壁にぶち当たっているなら、一度検討してみましょう。なお、筋肉増強剤は通常の店舗では購入できませんが、通販サイト「アイパワー」なら手軽に購入できるのでおすすめです。

 

 

アナボリックステロイド購入はコチラから"

関連記事

おすすめサイト

筋力増強剤の購入はアイパワーへ

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針