筋トレに飲酒は悪影響?理想の体作りのために知っておきたい食事の知識

筋トレに飲酒は悪影響?理想の体作りのために知っておきたい食事の知識

筋トレ中には、できるだけトレーニング効果を効率的かつ効果的にするために、食生活の面でもストイックになる人は少なくありません。理想のボディを作るためには、体を作る栄養素にも気を遣うことが必要不可欠です。そのため、食事や飲酒についても、正しい知識を持っておきたいものです。

アルコールの摂取は、筋トレという点ではあまりプラスの影響はありません。アスリートというとお酒にも強そうなイメージはありますが、実際には、お酒は一切飲まないというアスリートは多いものです。それは、飲酒が筋トレ効果にマイナスの影響を及ぼすからなのです。

 

アルコールは筋トレに悪影響?

アルコールを摂取すると、筋トレには欠かすことができないテストステロンという男性ホルモンの分泌量が減少するリスクがあります。テストステロンは、食事で摂取したたんぱく質を合成することによって、筋肉を作る作用があります。また、主に筋トレによって分泌されるホルモンなので、マッチョなボディ作りにはテストステロンの分泌は必要不可欠です。しかし、飲酒によってこのテストステロンの分泌量が減少すると、筋トレをしても効果がイマイチとなってしまうリスクがあります。

 

筋トレをすると、体内ではタンパク質キナーゼというシグナル伝達経路が活性化され、筋肉の合成が促進されます。しかし、飲酒によってこのタンパク質キナーゼの働きが鈍くなるため、トレーニングの効果にマイナスの影響が出てしまいます。

 

飲酒をすると筋肉を分解して糖化するホルモンが分泌される

さらに、飲酒すると体内ではコルチゾールというホルモンを分泌します。コルチゾールは、筋肉を分解して糖を作り出す作用があります。つまり飲酒は、せっかく筋トレで手に入れた筋肉がどんどん分解されてしまう事態を引き起こしてしまうのです。

 

飲酒の筋トレへの間接的な悪影響

アルコール摂取は、間接的にも筋トレにマイナスの影響があります。お酒を飲むことによって食欲が旺盛になり、高カロリーのものを食べたくなったり、味の濃いものを食べたくなるという人は多いでしょう。せっかく普段から食事管理をしていても、お酒と一緒に食べてしまう料理によって、体には体脂肪がついてしまいます。お酒自体にカロリーが含まれていなくても、おつまみに含まれているカロリーが原因で、筋トレをしているのに体脂肪が増えるという事態にもなりかねません。

 

それでは、筋トレで理想的なボディを手に入れたいけれど、大好きなお酒を我慢するとストレスが溜まってしまう、という人はどうしたら良いのでしょうか。お酒が大好きだからと言って、毎日たくさん飲むのはNGですが、いくつかのポイントを抑えた飲み方をすれば、筋トレ中でも筋肉への影響を最小限に抑えることは可能です。

 

お酒の影響を最小限に抑えるポイント

適度な量に控える

筋トレ中の飲酒の1つ目のポイントは、量を設定しておく事です。一日当たりの純アルコール摂取量は、できるだけ20g以内におさえましょう。純アルコールが20g以内と言うことは、ビールなら500mlまで、ワインならグラス1杯半ぐらいです。ウィスキーはアルコール度数が高いため、60ml程度が目安となります。

 

糖質が少ないお酒を飲む

2つ目のポイントは、できるだけ糖質が少ないお酒を選ぶという点です。おすすめなのは、焼酎やウィスキーなどです。これらはアルコール度数が高めなので、少量だけを飲むのがおすすめです。NGなのは、糖質が多く含まれているビールやワイン、日本酒などがあります。

 

低カロリーなおつまみを選ぶ

3つ目のポイントは、お酒と一緒にいただくおつまみは、できるだけ低カロリーのものを選ぶという点です。具体的には、キムチやナッツ類、焼き鳥あたりがおすすめです。

 

ビタミンを補う

4つ目のポイントは、お酒と一緒にビタミンB1やビタミンCを補うという点です。アルコールの代謝には、体内のビタミンB1やビタミンCが大量に消費されてしまいます。それを補うための食品を、お酒と一緒に取ることによって、マイナスの影響を小さく抑えることができます。ビタミンB1を多く含む食品には、ヒジキや玄米などがあり、ビタミンCはブロッコリーやレモン、ピーマンなどに多く含まれています。ぜひおつまみとして活用してはいかがでしょうか。

 

プロテインも合わせて摂取する

5つ目のポイントは、お酒を飲む際にはプロテインも合わせて摂取するという点です。プロテインは、筋トレの前後だけではなく、飲酒の際にも役立ちます。お酒を飲むと、タンパク質の合成が低下してしまうため、それをプロテインによって補充することで、マイナスの影響を抑えようというわけです。プロテインを飲むタイミングは、飲酒の前後どちらでもOKです。

 

効率的な筋肥大に筋力増強剤

こうした点に気を付けながら、筋トレの効果をさらにマックスにしたい人は、筋肉増強剤を使うという方法もアリです。筋肉増強剤はドラッグストアなどでは市販されていないので、購入するならアイパワーのような海外からの個人輸入ショップを利用するのがおすすめです。アイパワーはインドで医薬品輸出業者として登録している正規の業者で、取扱う医薬品はすべて、製造元や原産国が明記されています。これは、大きな安心感と言えるでしょう。また、注文すると海外からの発送となりますが、1万円以上購入すると送料は無料となり、とてもお得です。自宅にいながら気軽に購入できる筋肉増強剤なら、アイパワーがおすすめです。

 

 

アナボリックステロイド購入はコチラから"

関連記事

おすすめサイト

筋力増強剤の購入はアイパワーへ

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針