筋肉でムキムキを目指すならお酒を控えた方が良い理由

筋肉でムキムキを目指すならお酒を控えた方が良い理由

筋肉がたくましく体が大きい人は、お酒も強いというイメージがあります。相撲取りやプロレスラーにはお酒にまつわる豪快なエピソードが多いので、そんな印象が強いのでしょう。ところが、筋肉にとってアルコールはほとんど弊害しかありません。お酒好きの方は聞きたくない話かもしれませんが、筋トレでムキムキになりたい方にとって、アルコールの筋肉への悪影響は避けては通れない問題です。

 

アルコールの筋肉への悪影響

テストステロンへの影響

アルコールの筋肉への悪影響のうち、代表的なものを挙げてみましょう。まずは男性ホルモンの一種であり、筋肉を作るのに重要なテストステロンへの影響です。ご存じのように、このテストステロンこそが、体内に摂取したたんぱく質を材料に筋肉を合成するという大きな役割を担っているのですが、アルコールを摂取すると、この分泌量が低下することがわかっています。

 

たんぱく質キナーゼ(mTOR)の活動が低下

アルコールによって低下するのは、テストステロンの分泌量だけではありません。たんぱく質の摂取やトレーニングにより、体内では筋肉の合成を促進するために「たんぱく質キナーゼ(mTOR)」というシグナル伝達経路が活発化することがわかっています。ところが、アルコールの摂取によって、このシグナル伝達経路の活動が低下してしまうという研究結果があるのです。

 

コルチゾールが増加してしまう

さらに、アルコールを摂取すると、コルチゾールというホルモンが活発に分泌されます。コルチゾールはストレスホルモンとも呼ばれるように、ストレスを受けた時によく分泌されることで知られています。アルコールを摂取した時も、同じように活発に分泌されてしまうのです。コルチゾールには筋肉の分解を促す作用もあるとされていますので、この点でも、アルコールは筋肉にとって良くない影響を及ぼしてしまいます。

 

問題はこれだけではありません。アルコールと筋トレを考えるうえで、無視できないのが脂肪との関係です。

 

アルコールと同時に摂取した食事は脂肪になりやすい

「アルコールはエンプティカロリーだから、いくら飲んでも太らない」と言う人がいます。確かに、お酒を飲むと摂取したアルコールのエネルギーはすぐに分解されるのですが、その間に摂取した食事のエネルギーは別です。アルコールを分解するために体が働いている間、食事から摂取したエネルギーは分解されずにそのままになってしまいます。そのため、それが体脂肪になって蓄積されてしまいやすくなるのです。

 

では、食べ物なしでお酒だけ飲めばよいと言いたいところですが、アルコールには食欲を促進する作用があります。しかも、油っこいものや糖質の多いものが食べたくなるのが厄介なところです。お酒を飲む時、一切食べ物を口にしないということはちょっと考えにくいでしょう。ですから、やはりアルコールを飲む人は、そうでない人と比べて太りやすいと言えます。

 

お酒との付き合い方を見直そう

このように、筋トレでムキムキを目指す人には、アルコールは弊害だらけだということがわかるでしょう。だからといって、素直に止められる人ばかりではないのではないでしょうか。それなら、お酒との付き合い方を見直すしかありません。

 

ウイスキーや焼酎などの蒸留酒がオススメ

まず、飲むお酒の種類を選ぶことが大切です。お酒といっても、ビール、日本酒、ワイン、サワーなどいろいろありますが、これらは糖質が多いため、なるべく控えてください。それよりも、ウイスキーや焼酎などの蒸留酒が糖質が少なくておすすめです。

 

お酒の量は控えめに

ただ、ウイスキーや焼酎を選んでも飲みすぎは良くありません。少量では大きな影響がなくても、アルコールを摂取することで少なからず筋肉の合成に悪影響を及ぼしてしまいます。個人差はあるものの、1回の飲酒量はウイスキーならダブルで1杯、焼酎ならグラス半分程度に留めておくのが賢明です。

 

トレーニング直後のアルコール摂取は避けよう

また、トレーニング直後は喉の乾きを冷たいビールで潤したくなりますが、これも筋肉のことを考えるとNGです。筋肉の成長はトレーニング直後の時間が最も重要なので、筋肉の合成を助けるプロテインなどで栄養補給に努めてください。なるべくなら、トレーニングから48時間以内のお酒は控えた方がよいでしょう。つまり、筋トレに励んでいる期間は、毎日お酒を飲むことができないということです。

 

お酒は週に1〜2日程度に

このように、筋肉でムキムキになるには、少なくとも体ができあがるまでお酒はかなり控えなければなりません。なるべくなら完全断酒が望ましいですが、どうしても飲みたい方でも、お酒を飲む日は週に1~2日程度に留めましょう。それ以外の日はトレーニングに励むとともに、食事メニューもしっかり管理しなければなりません。

 

以上、筋肉とお酒の関係を見てきましたが、好きなお酒を飲みながらムキムキになろうという厚かましい考えは捨てるべきだということがわかったのではないでしょうか。ある程度の期間はストイックに頑張りましょう。

 

効率的な筋肥大に筋肉増強剤

ただし、そのストイックに頑張る期間を、筋肉増強剤を使えば短くすることが可能です。通常では考えられないスピードで筋肥大が起こるのが筋肉増強剤というアイテムなので、お酒を我慢する日々もそれだけ短くなります。なお、筋肉増強剤の購入には、通販サイト「アイパワー」がおすすめです。

 

 

アナボリックステロイド購入はコチラから"

関連記事

おすすめサイト

筋力増強剤の購入はアイパワーへ

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針