若いうちに筋トレをし過ぎるすると背が伸びなくなるって本当?

若いうちに筋トレをし過ぎるすると背が伸びなくなるって本当?

「若い時に筋トレをし過ぎると、身長が伸びなくなる」という言葉を聞いたことはありませんか?若い時、というのは、身長が伸び盛りの思春期の年代を指しています。つまり、中高生の頃から筋トレにハマってマッチョなボディを目指すと、身長が伸びなくなってしまう、と言うわけです。結論から言うと、これは本当です。しかし、よく聞く「たっぷりとついたマッチョな筋肉が伸長を邪魔するためだ」という理由は、正しくありません。どんなにマッチョな筋肉をつけても、骨が伸びる力の方が大きいため、筋肉が伸長を邪魔するということはありません。その点は、安心してください。

 

思春期の過度の筋トレが伸長を妨げる理由

それでは、思春期の過度の筋トレは、どんな理由で伸長を妨げるのでしょうか?それは、筋トレをする事によって、骨そのものに負担がかかるためです。身長が伸びる際には、骨そのものも伸びますが、骨が全体的に伸びるというわけではありません。骨が伸びる際には、骨の両側にある成長軟骨が伸びることにより、身長が伸びるのです。この成長軟骨は、一般的な骨を比べて柔らかいという特徴があります。そのため、ハードな筋トレをすると、柔らかい成長軟骨がつぶれてしまい、伸びるはずだった骨が伸びなくなってしまいます。

 

成長軟骨に負担をかける筋トレには、バーベルなど大きな負荷をかけて行うトレーニングを始め、マシンを使って行うもの、またうさぎ跳びなどのジャンプ系の運動などが挙げられます。もしもこうしたトレーニングを行う場合には、負荷のかけすぎに注意しましょう。

 

成長期の筋トレは適度ならOK

10代の成長期に筋トレをする事は、悪いことではありません。適度な筋トレなら、むしろ成長ホルモンの分泌を促進する効果があるので、おすすめです。しかし、過度な負荷がかかるタイプのトレーニングは、この時期には控えたほうが良いでしょう。

 

20代〜30代は負荷のかかる筋トレで身体を大きくしていきましょう

20代~30代にかけては、背が伸びるという成長期は終了しているので、大きな負荷をかけてトレーニングを行うと、理想的なマッチョボディを作れます。この年代には、特にマイナスの影響を及ぼすトレーニングなどは特にありません。思い切り筋トレをエンジョイしましょう。

 

ただし、筋トレだけにハマっていても、食生活や睡眠などのバランスが崩れていると、期待するほどの効果を得られない可能性があります。最適な効果を得るためには、筋トレと並行して、脂質や糖質が少なめでタンパク質が多めの食生活を心がけたり、毎日睡眠時間は7時間~8時間程度を確保するなど、多方向からトレーニングへのアプローチをするのがおすすめです。

 

40代、50代は適度な筋トレで身体を若々しく

40代や50代でも、筋トレをする事はOKです。年齢を重ねてもトレーニングすることによって筋肉の衰えを防止でき、いつまでもアクティブで若々しいライフスタイルを送れます。ただし、年齢を重ねている人のトレーニングでは、かける負荷が大きくなりすぎると、腰を痛めてしまうリスクが高くなるので注意しましょう。ハードな筋トレをするよりも、継続して体力向上やダイエット目的のトレーニングへと、目的を変えることが満足できる効果につながります。

 

50代は、男女ともに更年期を迎える年齢です。このぐらいの年齢になると、若い頃と同じような生活習慣や食生活では、太りやすくなってしまいます。また、ホルモン分泌が低下することにより、それまではマッチョ自慢だった人でも、筋力低下が始まります。基礎代謝が低下するために起こる現象なので、ある程度は仕方ありません。しかし、筋トレによって体を鍛えておけば、基礎代謝の低下を防ぐことができ、年齢を重ねても理想的なボディラインを維持できるでしょう。

 

筋トレの頻度について

筋トレの頻度は、1週間に2回が目安と言われています。これは、筋トレをする事によって筋肉にダメージを与え、数日間のインターバルを作ることによって筋肉を以前よりも大きく向上させる、という超回復の理論に基づいています。しかし厳密には、どんな目的で行うのかによって、どのぐらいの頻度で行うのが理想的かという点が微妙に異なります。目安としては、マッチョなボディになりたい人は、トレーニング頻度は週1度ぐらいと少なめにして、かける負荷を大きくすると良いでしょう。一方、持久力を高める場合には、負荷を少なくする代わりに回数を増やし、トレーニング頻度も1日おきぐらいにするのがおすすめです。

 

効率的な筋肥大に筋肉増強剤

筋トレのメニューや頻度はもちろん、食生活や生活習慣を工夫しているけれど、なかなかマッチョになれないという人は、筋肉増強剤通販を利用してはいかがでしょうか。筋肉増強剤は医薬品ですが、ドラッグストアなどでは市販されていません。そのため、購入するならアイパワーのような海外の個人輸入を利用することになります。インドを拠点として医薬品の輸出業者として高い信頼と実績を持つアイパワーは、多種多様な筋肉増強剤をラインナップしています。世界的に知名度が高いものを始め、トップアスリートが愛用していたタイプまで、いろいろな有効成分の筋肉増強剤を日本の自宅から気軽に購入できます。全ての商品に対して、原産地や製造元が明記されているので安心ですし、送料もリーズナブルなので、利用しやすい個人輸入業者と言えるでしょう。

 

 

アナボリックステロイド購入はコチラから"

関連記事

おすすめサイト

筋力増強剤の購入はアイパワーへ

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針