パワー系競技を行っている人にオススメの筋トレ・食事の考え方

パワー系競技を行っている人にオススメの筋トレ・食事の考え方

スポーツ競技にはさまざまな種類がありますが、その中でも瞬発力やスピードといったハイパワーが求められるのが、短距離走や跳躍などの、数秒から長くても数分程度で完了する競技です。また、野球やサッカー、ラクビーなどのように瞬時に力を発揮することを繰り返す球技や、ボクシングや柔道、相撲などの格闘技系のスポーツも、ハイパワーが求められます。

 

競技によって求められる身体機能や筋力は異なるのはいうまでもありませんが、ハイパワー系全てに共通して求められるのが、瞬時に最大限のパワーを発揮できる能力=「瞬発力」です。

 

アデノシン三リン酸(ATP)とは?

瞬発力を発揮しているときに使われるのが、筋肉細胞内のアデノシン三リン酸(ATP)という物質です。そして、アデノシン三リン酸が使われた後は、体内のクレアチンリン酸(CP)によって瞬時に補給が行われます。クレアチンリン酸は、瞬発力を発揮するときに使われるアデノシン三リン酸の貯蔵庫と言えるでしょう。

 

このように、ハイパワー系の競技で発揮されるパワーは、消費されたアデノシン三リン酸をクレアチンリン酸から補うため、非乳酸系(ATP―CP系)と呼ばれています。しかし、瞬時に力を発揮するために使うのですから、アデノシン三リン酸も、その貯蔵庫であるクレアチンリン酸も、体内にほんのわずかしか貯めることができません。

 

非乳酸系パワーとは?

瞬時に爆発的に消費されるエネルギー、それが非乳酸系パワーの特徴なのです。この特徴を生かすためには、非乳酸系のパワーを最大限に発揮できる筋力を鍛えることが基本となります。

 

現在、非乳酸系のパワートレーニングに有効とされているのが、ウェイトを使うレジスタンストレーニングや、自転車エルゴメーターを用いた高強度のインターバルトレーニングです。また、全力疾走と休憩を繰り返すレペティショントレーニングも有効とされています。

 

いずれも、10~60秒程度の短期間で最大限のパワーを発揮する運動を繰り返したり、可能な限り素早く筋肉を収縮するといったトレーニングによって、瞬発力を鍛えるのが目的です。

 

食事のポイント

食事についても、筋肉にアデノシン三リン酸とクレアチンリン酸の量をより多く蓄えることが重要です。しかし、アデノシン三リン酸とクレアチンリン酸はごくわずかしか貯蔵されませんから、トレーニング後はエネルギーを使い果たしてしまいます。エネルギー不足によって筋肉を落とさないために、タンパク質を中心としつつ、バランスの良い食事を心がけましょう。

 

特に、運動後にタンパク質を取ると、素早く吸収されます。このとき、脂質の取り過ぎに注意してください。また、食事をしてすぐに運動を再開するのはおすすめできません。エネルギーを十分に取り入れるためにも、食後2時間は空けてからトレーニングを再開することをおすすめします。

 

タンパク質を効果的に摂取するために

タンパク質を効果的に摂取するためには、肉だけでなく、魚や大豆など、さまざまな食品からまんべんなくタンパク質を取り入れることが重要です。そして、タンパク質を効率良く吸収して筋肉を増強する助けとなるビタミンB6や、コラーゲンを合成して関節を強化してくれるビタミンC、筋肉に蓄積した疲労を回復してくれるアミノ酸と糖質といった“筋肉増強補助食”と言える食品も積極的に取ってください。

 

ビタミンB6はカツオやマグロ、鮭などの赤身の魚、ささみや豚ヒレ、鶏レバーといった魚や肉にも多く含まれていますが、このほかにもバナナや赤パプリカ、さつまいも、玄米などの野菜や穀類にも豊富に含まれています。

 

ビタミンCが豊富なのは、ピーマン、ブロッコリー、キウイ、苺などの野菜や果物です。

アミノ酸は、魚や肉、大豆製品、牛乳やチーズなど、良質のタンパク質に多く含まれています。

 

適度な糖質の摂取も大切

また、ご飯やパンといった主食から糖質をしっかりと取ることで、筋肉の疲労を回復することも大切です。

 

一生懸命トレーニングすればするほど、筋肉はエネルギーを消耗し、疲労を蓄積します。消費されたエネルギーを補い、疲労を回復するためには、毎日の栄養摂取が何よりも重要です。しかし、激しいトレーニングの後は疲れきって食欲が出ない、栄養バランスの取れた食事を毎日三食続けるのは難しい、という方も多いでしょう。

 

効率的な筋肥大に筋肉増強剤

そのような場合は、筋肉増強剤のアイパワーを活用されてはいかがでしょうか。アイパワーでは、筋肉の成長に必要不可欠な成分をぎゅっと濃縮して配合した、強い筋肉を作る商品を取り扱っています。「忙しくて思うようにトレーニングができない…」「タンパク質を中心とした食事が三食きちんと取れない…」といった方であっても、トレーニング不足や栄養不足を補って、ハイパフォーマンスを発揮できる筋肉を作り上げることが可能です。

 

筋肉増強剤は、ドラッグストアなどの店舗販売はされていません。海外から個人輸入を行う必要があります。個人輸入は何かと面倒ですから、アイパワーのような個人輸入を代行しているネットショップを利用することをおすすめします。

 

 

アナボリックステロイド購入はコチラから"

関連記事

おすすめサイト

筋力増強剤の購入はアイパワーへ

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針